Howを用いる感嘆文

Howを用いる感嘆文について解説します。

感嘆文は「なんて~だろう」と驚きを表す時に用います。

感嘆文はHowを用いる場合とWhatを用いる場合がありますが、
Howを用いた形は以下のようになります。

How + 形容詞or副詞 + 主語 +(助動詞 + )動詞 !

例えば、以下のような文です。

How happy I am!「私は、なんで幸せなんだろう。」

この文は、以下の文がもとになっています。

I am very happy.「私は、とても幸せです。」

この文は「とても幸せ」と幸せを強調しているだけですが、
「なんて幸せだろう」と驚きを表したい時に感嘆文を用います。

「very + 形容詞または副詞」という形の時はveryをhowに書き換え、
「how + 形容詞または副詞」を文の先頭に出します。

上の文ではvery happy(形容詞)をhow happyに変え、
文の先頭に出します。

そして、文の最後にピリオドではなく、
驚きを表すエクスクラメーションマーク!を付け、
感嘆文は以下のようになります。

How happy I am!
「私は、なんで幸せなんだろう。」

もう1つ、以下の文を感嘆文に書き換えてみましょう。

He can run very fast.
「彼は、とても速く走ることができる。」

この文ではvery fast(very + 副詞)をhow fastに変えて
文の先頭に出し、文末に「!」を付け感嘆文は以下のようになります。

How fast he can run!
「彼は、なんて速く走ることができるんだろう。」

Howを用いる感嘆文の復習問題

問題.以下の文を感嘆文に書き換えなさい。

(1)The girl is very beautiful.

(2)He can speak English very well.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)How beautiful the girl is!
  「その少女は、なんて美しいのだろう。」

(2)How well he can speak English!
  「彼は、なんて上手に英語を話すことができるのだろう。」

Whatを用いる感嘆文へ | 英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ