Whatを用いる感嘆文

Whatを用いる感嘆文について解説します。

感嘆文は「なんて~だろう」という
意味で驚きを表すために用いられ、
感嘆文には以下の2通りの形があります。

How + 形容詞or副詞 + 主語 + 動詞 !

What +(a + )形容詞 + 名詞 + 主語 + 動詞 !

howを用いる時は、以下のように
howの後ろは形容詞または副詞のみです。

How happy I am!
「私は、なんで幸せなんだろう。」

Whatを用いる時には、
what + 形容詞の後ろに名詞がきます。

What a big animal this is!
「これは、なんて大きい動物なんだろう。」

この文は、以下の文がもとになっています。

This is a very big animal.
「これは、とても大きい動物です。」

この文は「とても大きい」と大きさを強調しているだけですが、
「なんて大きいのだろう」と驚きを表したい場合に感嘆文を用います。

この場合、very + 形容詞(big)
の後ろに名詞(animal)があるので、
veryをwhatに置き換えます。

そして、a what big animalではなく、
以下のようにwhatが先頭にくるように
what a big animalと並び替えて文の先頭に出します。

What a big animal this is!

感嘆文の最後には、ピリオドではなく
エクスクラメーションマーク!を付けます。

以下のように複数の場合は、aは必要ありません。

These are very big animals.
「これらは、とても大きい動物です。」

この文を感嘆文に書き換える場合には、
まずvery + 形容詞(big)の後ろに名詞(animals)
があるのでveryをwhatに変えます。

そして、What big animalsを文の先頭に出し、
感嘆文は以下のようになります。

What big animals these are!
「これらは、なんて大きい動物なんだろう。」

Whatを用いる感嘆文の復習問題

問題.以下の文を感嘆文に書き換えなさい。

(1)This is a very beautiful bird.

(2)These are very big houses

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)What a beautiful bird this is!
  「これは、なんて美しい鳥なんだろう。」

(2)What big houses these are!
  「これらは、なんて大きな家なんだろう。」

否定疑問文へ | 英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ