準否定語を用いた否定文

準否定語について解説します。

通常の否定「~ない」や「~しない」という時には、
以下のようにbe動詞や助動詞の後ろにnotを付けたり
一般動詞の前にdon't(do not)などを付けました。

He isn't(is not) a doctor.
「彼は、医者ではない。」

I don't play tennis.
「私は、テニスをしません。」

これに対し「ほとんど~ない」や「めったに~ない」など、
通常よりソフトな否定を表すために準否定語を用います。

まず、量が「ほとんどない」ということを表す
fewとlittleについて解説します。

fewとlittleは両方とも「ほとんどない」同じ意味ですが、
fewは数えられる名詞に、littleは数えられない名詞に付けます。

また、notはbe動詞、助動詞、doなどの後ろに置きまますが、
fewとlittleは以下のように対象となる名詞の前に置きます。

上の例文では「人々」、下の例文では「生徒」がほとんどいないので、
fewはpeopleとstudentsに付いています。

There are few people in the room.
「その部屋には、ほとんど人がいません。」

Few students came to school yesterday.
「昨日学校へ来た生徒は、ほとんどいませんでした。」

この文の直訳は「ほとんどいない生徒が、昨日学校へ来ました。」
となりますが、日本語的に不自然なため上のように訳します。

littleの場合も同じです。

上の例文では「水」、下の例文では「ワイン」がほとんどないので、
littleはwaterとwineに付いています。

There is little water in the bottle.
「その瓶の中には、ほとんど水はありません。」

数えられない名詞を用いる時は単数扱いになるので、
be動詞はisを用いることに注意しましょう。

We drank little wine at the party.
「私達は、パーティーでほとんどワインを飲みませんでした。」

この文の直訳は
「私達は、パーティーでほとんどないワインを飲みました。」
となりますが、日本語的に不自然なため上のように訳します。

fewとlittleは量が「ほとんどない」ということを表すことが多く、
There is(are) ~ 「~がいる(ある)」という文と一緒に
よく用いられます。

また、以下のようにfewとlittleにaを付けたa fewとa littleは
「少しいる(ある)」という意味になるので注意しましょう。

There are a few people in the room.
「その部屋には、少し人がいます。」

There is a little water in the bottle.
「その瓶の中には、少し水があります。」

次に、程度の準否定語について解説します。

以下は通常の否定文です。

I can't understand it.
「私は、それを理解できません。」

この否定文だと、理解できる部分はないということになります。

これに対し、少し理解できる部分もあるけれども
「ほとんど理解できない」と言いたい場合があります。

これは理解の「程度」を表し、「ほとんど~ない」
となるので準否定語はhardlyまたはscarcelyを用います。

先ほどの否定文を「私はほとんど理解できません。」
という例文に書き換えると以下のようになります。

I can hardly(scarcely) understand it.
「私はほとんど理解できません。」

hardlyとscarcelyは、notやdon'tと同じ位置に起きます。

以下は一般動詞の場合です。

I hardly(scarcely) knew her.
「私は、彼女のことをほとんど知りませんでした。」

最後は、頻度の準否定語について解説します。

以下は通常の否定文です。

He doesn't watch TV.
「彼は、テレビをみません。」

この否定文だと、彼はテレビを全く観ないということになります。

これに対し、全くテレビを観ないというわけではなく、
「めったに観ない」と言いたい場合があります。

これは観るという動作の「頻度」を表し、
「めったに~ない」という意味を持つ準否定語
seldomまたはrarelyを用います。

先ほどの否定文を「彼は、テレビをめったに観ません。」
という文に書き換えると以下のようになります。

He seldom(rarely) watches TV.
「彼は、テレビをめったに観ません。」

seldomとrarelyは、notやdon'tと同じ位置に置きます。

ただし、上の例文のようにseldomやrarelyの後ろは原形ではなく、
主語が三人称単数なのでwatchesとesが付くことに注意しましょう。

以下はbe動詞の場合です。

I am seldom(rarely) absent from school.
「私は、めったに学校をやすみません。」

準否定語を用いた否定文の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「昨日、その公園にはほとんど子供はいませんでした。」

(2)「彼は、先週ほとんどビールを買いませんでした。」

(3)「彼は、私のことをほとんど信じてくれませんでした。」

(4)「ポール(Paul)は、日本語をほとんど話せません。」

(5)「彼は、めったに仕事に遅刻しませんでした。」

(6)「彼女は、若い時めったに料理をしませんでした。」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)There were few children in the park yesterday.

(2)He bought little beer last week.

(3)He hardly(scarcely) believed me.

(4)Paul can hardly(scarcely) speak Japanese.

(5)He was seldom(rarely) late for the work.

(6)She seldom(rarely) cooked when she was young.

完全否定と部分否定へ | 英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ