英語の学習を始める前に

英会話上達の秘訣&英語習得の近道・コツは、
以下の脳の特性に沿って学習・練習することです。

そして、英語を身に付ける上で最も重要なのは
「毎日英語に触れること」ということです!

なぜなら、英語も日本語と同じ言葉なので、
私達日本人が日本語を身に付けたのと同じように
毎日触れていれば自然に身に付いていくものだからです。

しかし、私達日本人は中学と高校で英文法中心の教育を受け、
英語は勉強するものと無意識に思っているため拒否反応を起こします。

そして、英語は難しくて分からないと避けるようになり、
テスト前など必要最低限しか英語に触れないので
さらに英語に対して苦手意識を持ってしまいます。

その後、学校を卒業し勉強から開放され、英会話に興味を持ち始めると
学生の頃英文法をちゃんと勉強しておけばよかったなあと後悔します。

こんな経験をした方は多いのではないでしょうか?

実は、このサイトを作った私もその一人なんです(^_^;)
そして、何かできないかな?と考えました。。。

そこで、英文法の勉強を通して毎日英語に触れられる無料のメルマガ
「誰でもできる!毎日5分英文法」を発行し始めました。

初心者の方が理解しやすいように、私の学習&指導経験を踏まえて、
市販されているテキストより分かりやすい解説を心がけています。

TOEICや英検などの資格試験や英会話に役立つ英文法を解説しており、
中学や高校で学んだ英文法を基礎からじっくり復習できます。

今までに中学、高校で学ぶ英文法の主要範囲についての解説が終わり、
このサイトにまとめたので英文法の学習にご利用頂ければ幸いです。

無料レポートの請求&無料メルマガの購読はこちら

sponsored link

英文法を覚えたら、脳の特性に沿って話す練習をする

英文法を勉強して覚えただけでは英語を話せるようになりません。

英語を話せるようになるには、
覚えた英文法を使って英文を組み立てて話す練習をする必要があります。

英語を話せるようになりたいと思って英会話学校に通う方がいますが、
高いお金を払って英会話学校に通っても英語を話せるようになりません。
(私がまさにそうでした^^;)

それは、英会話学校は英語を話す場を提供しているだけで、
英語を話せるようになるメソッドはなく脳の特性に沿っていないからです。

むしろ、英会話学校は生徒にできるだけ長く通ってほしいので、
すぐ話せるようにならないようになってる所が多いので注意して下さい。

学校に通わなくても自分で脳の特性に沿って英語を話す練習をすれば、
日常英会話なら1年くらいでストレスなくできるようになります。

脳科学・心理学を応用した10倍速!英会話マスタープログラム

英文法解説のトップへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ