ニューロロジカルレベルとは?

日本人には色々な方法を行っている割に
英会話が上達しない方がたくさんいますが、
そのような方のためにロバート・ディルツ博士が
発見したニューロロジカルレベルを解説します。

ニューロロジカルレベル

sponsored link


まず、ニューロロジカルレベルでは、
人間の活動に影響を与えるプロセスには
以下の5つのレベルがあると言われています。

1.ヴィジョン・セルフイメージ・ミッション
2.ビリーフ(信念)・バリュー(価値観)
3.能力
4.行動
5.環境

そして、上位(1)→下位(5)という順番の中で、
上位レベルのものが下位レベルのものを支配します。

環境や行動や能力も結果に影響しますが、
ヴィジョン、セルフイメージ、ビリーフのほうが
結果に強く影響するということを意味します。

ヴィジョンは英語を話せるようになった先のゴール、
セルフイメージは自分のことをどう思っているのか、
ビリーフは英語に対して持っている価値観です。

よって、ヴィジョンが明確になっていなかったり、
英語が苦手というセルフイメージを持っていたり、
英語は難しいというビリーフを持っていると、
環境を変えて英会話学校に通ったり留学しても、
教材やテキストで勉強して能力をつけようとしても、
行動(努力)してもなかなか上達しません。

英会話学校へ通ったり、教材を買ったりしても
海外に留学しても英会話が上達しなかった方は、
これに当てはまっている可能性が高いです。

このような方はヴィジョン(ゴール)を明確にし、
英語のセルフイメージを変える必要があります。

≫セルフイメージを上げるへ

脳の特性トップへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ