無意識が英語の上達を妨げている

日本人は学校で何年も英語を勉強したにも関わらず
習得できていないので、英語は難しいという思い込み
が潜在意識に入っていてそれが上達を遅くしています。

潜在意識は無意識のことで、
これに対して普段の意識は顕在意識と呼ばれ、
脳科学の研究でこの力関係は顕在意識1に対して
潜在意識は99ということが分かっています。

顕在意識と潜在意識

顕在意識と潜在意識の力関係は
0.01:99.99と言っている脳科学者もおり、
潜在意識のほうが顕在意識よりはるかに大きな力があります。

心臓は潜在意識によって動かされていますが、
顕在意識(意識)で止めようとしても止められません。

この位、顕在意識と潜在意識には力の差があります。

潜在意識は非常に大きな力を持っていますが、
日本人は中学と高校の勉強で英語は難しい、
英語を話せるようになるのはすごく大変なこと
という思い込みが潜在意識に刷り込まれているので、
意識で努力しても無意識が上達を遅くしてしまうのです。

sponsored link


また、日本にある多くの英会話学校や英語教材は
脳の特性に沿っていないためなかなか上達しないため、
英語への苦手意識が大きくなってしまいます。

潜在意識は気づかないところで働いているので、
努力しているのになんで上達しないんだろう?と
さらに自信をなくしてしまうのです。

よって、日本人が英語をスムーズに上達するには、
脳の特性に沿った正しい方法で上達を感じることで
潜在意識に入っている英語へのマイナスイメージを
変える必要があります。

ちまたにあふれている英会話習得ノウハウではなく、
脳の特性通りに練習していけばお金をかけずに
誰でも必ず英会話を習得することは可能です。

私は学校や教材では全く上達しませんでしたが、
英会話学校が終わり、英語教材の購入をやめて
脳の特性に沿って練習し始めたら上達しました。

当サイトでは、英会話習得に知っておいて欲しい
脳の特性に沿った正しい英会話上達法について
解説しているので参考にして頂ければと思います。

≫ニューロロジカルレベルへ

脳の特性トップへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ