学習効果が出るまでの期間と成功曲線

私の考えでは速い方で1年、遅い方でも3年位(石の上にも3年^^)
正しい方法&順番で継続すれば英語を話せるようになると思います。

そして、私はその中でも最初の3ヶ月が大事だと考えます。

これは、科学的な根拠があるわけではありませんが、
生存本能に関わる変化には最低3ヶ月必要と言われているためです。

ダイエットや禁煙に成功した期間についての統計データでは、
3ヶ月が最も多いという結果が得られているようです。

3ヶ月でダイエット成功や90日で禁煙成功など、
書籍のタイトルに3ヶ月や90日という期間がついている
ものが多いことからも信憑性が高いと思われます。

これを知って私の英語講座も3ヶ月間で行なっていましたが、
やはり3ヶ月経過した頃に大きな変化が出る生徒さんが多かったです。

sponsored link


そして、もう一つ知っておいて欲しいことは成功曲線についてです。

以下は成功曲線と呼ばれる曲線で、仕事や学習など全てにおいて
努力に対して比例して成果が出るのではなく最初は緩やかに変化し、
あるところから急激に伸び始めるというように成果が出ます。

成功曲線

これを知らないと、努力に比例して成果が出ると思ってしまうので、
すぐに成果が出ないと継続するモチベーションが下がってしまいます。

よって、始めてから1、2ヶ月で大きな成果が出る可能性は低いので、
継続していれば次第に成果は出ると気楽に続けることがポイントです。

目先の結果に一喜一憂せず、
3ヶ月という期間を効果が出る最低期間と考えて頂ければと思います。

最初に1~3年くらいで話せるようになると書きましたが、
私達が日本語を不自由なく使えるようになるのは10歳くらいなので
生まれてから毎日日本語に触れて10年かかっていることになります。

しかし、私達は既に英文法も英単語もある程度知っているので、
それを使えるようにするために脳の特性に沿った方法で練習すれば
日常会話なら1年位でストレスなくできるようになると思います。

≫潜在意識と顕在意識へ

脳の特性トップへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ