仮定仮定法過去完了

仮定法過去完了について解説します。

仮定法過去完了は過去の事実の逆や願望を表し、
形は以下のようになります。

If + 主語 + had + 過去分詞 ~ ,
主語 + would(could, should, might) + have + 過去分詞 ~ .

意味は、「もし~だったら、~しただろう
(~できたのに、~すべきだったのに、~だったかもしれない)」
となります。

If節ではない方の文には、
必ず助動詞のwould, could, should, mignt
のうちどれかが用いられます。

だいたいwouldかcouldが用いられます。

単純に「~しただろう」という時にはwouldを、
「できたのに」と能力や可能性の話をする時にはcouldを用います。

以下の過去の事実を表す文を
仮定法過去完了の文に書き換えてみましょう。

As I didn't have money, I couldn't buy it.
「お金を持っていなかったので、私はそれを買えませんでした。」

この場合、事実なので過去のことを表すのに
(助)動詞の過去形を用います。

この文を仮定法過去完了の文に書き換えると、
以下のようになります。

If I had had money, I could have bought it.
「もしお金を持っていたら、私はそれを買うことができたのに。」

この文は「お金を持っていなかったので、買えなかった。」
という事実の逆を表しているので、
過去の出来事ですが仮定法過去完了を用いて表します。

If節ではない方の文では助動詞の後ろは動詞の原形なので、
過去完了形「had + 過去分詞」を用いることができません。

よって、「have + 過去分詞」を用い、
「would(could, should, might)have + 過去分詞」
という形を用います。

また、仮定法過去完了の文はIfを省略し、
過去完了形を作るhadと主語の順番を逆にして
以下のように書くことができます。

If I had had money, I could have bought it.
→ Had I had money, I could have bought it.

仮定法過去完了の復習問題

問題.以下の文を仮定法過去完了の文に書き換えなさい。

(1)As I didn't know her, I didn't talk with her.

(2)As he was sick, he couldn't play soccer.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)If I had known her, I would have talked with her.
  「もし彼女のことを知っていたら、私は彼女と話しただろう。」

(2)If he had not been sick, he could have played soccer .
  「もし病気でなかったら、彼はサッカーができただろうに。」

動詞の部分を過去完了形に直すだけでなく、
(1)は否定を肯定に、(2)は肯定を否定に直します。

仮定法過去 + 仮定法過去完了へ | 英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ