仮定法の慣用表現

仮定法の慣用表現について解説します。

仮定法の慣用表現で重要なものは、
以下の3つです。

1.If it were not for ~
 「もし~がなければ」

If it were not for your help, I couldn't do the work.
「もしあなたの助けがなければ、私はその仕事ができないだろう。」

If it were not for ~ は、
But for ~ やWithout ~ と同じ意味です。

よって、上の文は以下のように書き換えることができます。

But for(Without) your help, I couldn't do the work.

2.If it had not been for ~
 「もし~がなかったら」

If it had not been for your help, I couldn't have done the work.
「もしあなたの助けがなかったら、私はその仕事ができなかっただろう。」

If it had not been for ~ は、
But for ~ やWithout ~ と同じ意味です。

よって、上の文は以下のように書き換えることができます。

But for(Without) your help, I couldn't have done the work.

3.It's time + 仮定法過去
 「~する時(時間)です」

It's time you went to bed.
「(あなたは、)寝る時間です。」

It's timeの後ろの動詞は、必ず過去形になります。

ここで、1と2のところで出てきた
But forとWithoutについてもう少し解説します。

But forとWithoutには現在の仮定(仮定法過去)と
過去の仮定(仮定法過去完了)の意味がありますが、
But forとWithoutだけでは見分けがつきません。

よって、この仮定法過去「もし~がなければ」と
仮定法過去完了「もし~がなかったら」という2つの意味は、
残りの文章の時制で見分けます。

例えば、以下の文ではI couldn't do the work.
の部分が「私はその仕事ができないだろう。」と
現在の仮定を表しています。

But for(Without) your help, I couldn't do the work.

よって、But for(Without)
の部分も「もしあなたの助けがなければ」と
現在のことを仮定していると考えることができ、
以下のように書き換えることができます。

If it were not for your help, I couldn't do the work.

次に、以下の文では
I couldn't have done the work.の部分が
「私はその仕事ができなかっただろう。」
と過去の仮定を表しています。

But for(Without) your help, I couldn't have done the work.

よって、But for(Without)
の部分も「もしあなたの助けがなかったら」
と過去のことを仮定していると考えることができ、
以下のように書き換えることができます。

If it had not been for your help, I couldn't have done the work.

仮定法の慣用表現の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳なさい。

(1)If it were not for air, we couldn't live.

(2)If it had not been for your advice, I would have failed.

(3)It's time we started.

(4)But for water, fish couldn't live.

(5)Without a dictionary, I wouldn't have answered the question.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「もし空気がなければ、私達は生きられないだろう。」

(2)「もしあなたのアドバイスがなかったら、失敗していただろう。」

(3)「(私達は、)出発する時間です。」

(4)「もし水がなければ、魚は生きられないだろう。」

(5)「辞書がなかったら、私はその問題に答えられなかっただろう。」

as if + 仮定法へ | 英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ