as if + 仮定法過去とas if + 仮定法過去完了

as if + 仮定法過去とas if + 仮定法過去完了
について解説します。

as if + 仮定法過去で「まるで~であるかのように」
という意味を表します。

仮定法過去は現在の事実の逆や願望を表す時に用いますが、
as if + 仮定法過去は使い方が異なるので注意が必要です。

as ifの後ろの時制が主節の時制と
同じ時を表す場合に仮定法過去を用います。

実際に、以下の例文をみてみましょう。

He looks as if he were ill.
「彼は、まるで病気であるかのように見える。」

この文では、「~のように見える」と
主節(He looks)の時制が現在でas if
の後ろの時制も「病気である」と現在です。

よって、主節の時制とas ifの
後ろの文の時制が共に現在と同じなので、
as if + 仮定法過去(were)が用いられます。

as ifの後ろで仮定法過去を用いるパターンはもう1つあります。

以下の例文をみてみましょう。

He looked as if he were ill.
「彼は、まるで病気であるかのように見えた。」

この文では、「~のように見えた」と
主節(He looked)の時制が過去で、
as ifの後ろの時制も「病気だった」と過去です。

よって、主節の時制とas ifの
後ろの文の時制が共に過去と同じなので、
as if + 仮定法過去(were)が用いられます。

ここからは、as if + 仮定法過去完了について解説します。

as if + 仮定法過去の意味「まるで~であるかのように」に対し、
as if + 仮定法過去完了は「まるで~であったかのように」という意味を表します。

通常、仮定法過去完了は過去の事実の逆や願望を表す時に用いますが、
as if + 仮定法過去完了は使い方が異なるので注意が必要です。

as ifの後ろの時制が主節の時制より1つ古い時を表す場合に、
as if + 仮定法過去完了を用います。

実際に、以下の例文をみてみましょう。

He looks as if he had been ill.
「彼は、まるで病気であったかのように見える。」

この文では、「~のように見える」と
主節(He looks)の時制が現在であるのに対し、
as ifの後ろの時制は「病気だった」と過去です。

よって、as ifの後ろの文の時制(過去)が
主節の時制(現在)より1つ古いので、
as if + 仮定法過去完了(had been)が用いられます。

as ifの後ろで仮定法過去完了を用いるパターンはもう1つあります。

以下の例文をみてみましょう。

He looked as if he had been ill.
「彼は、まるで病気だったかのように見えた。」

この文では、「~のように見えた」と
主節(He looked)の時制が過去で、
as ifの後ろの時制は「病気だった」とさらに前の過去です。

例えば、昨日まだ顔色が悪く、
1週間前まで「病気だった」ように
昨日「見えた」というような状況です。

よって、as ifの後ろの文の時制(過去完了)
が主節の時制(過去)より1つ古いので、
as if + 仮定法過去完了(had been)が用いられます。

as if + 仮定法過去とas if + 仮定法過去完了の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように
   ()内の語を適する形に書き換えなさい。

(1)He talks as if he (know) everything.
  「彼は、まるで全てを知っているかのように話す。」

(2)He looked as if he (be) a child.
  「彼は、まるで子供であるかのように見えた。」

(3)He talked as if he (see) everything.
  「彼は、まるで全てを見たかのように話した。」

(4)He looks as if he (win) the match.
  「彼は、まるでその試合に勝ったかのように見える。」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He talks as if he knew everything.

(2)He looked as if he were a child.

(3)He talked as if he had seen everything.

(4)He looks as if he had won the match.

(3)は、例えば昨日より前に起きた何かについて
全て見ていたかのように昨日話したというような状況です。

(4)は、例えば昨日の試合に負けたのに試合に勝ったか
のように今振舞っているというような状況です。

if S shouldとif S were toへ | 英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ