仮定法の注意すべき表現

仮定法の注意すべき表現について解説します。

以下の3つがありますが、
これらは熟語のように覚えてしまいましょう。

1.If only + 仮定法過去(仮定法過去完了) ~ .
 「~しさえすればよい(よかった)のだが」

If only the rain would stop.
「雨が、やみさえすればよいのだが。」

If only he had sent her an e-mail.
「彼は、彼女にメールを送りさえすればよかったのだが。」

2.in your position「あなたの立場なら」

I would not do it in your position.
「あなたの立場なら、私はそれをしないだろう。」

この文は、以下のif節を用いた仮定法の文と同じ意味です。

I would not do it if I were in your position.

3.To hear O speak[talk]「Oが話すのを聞いたら」

To hear him speak English, you would take him for an American.
「彼が英語を話すのを聞いたら、あなたは彼がアメリカ人だと思うだろう。」

この文は、以下のif節を用いた仮定法の文と同じ意味です。

If you heard him speak English, you would take him for an American.

特に、2と3はifを使わない仮定法なので注意しましょう。

仮定法の注意すべき表現の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)If only you had got up early.

(2)I would go there in your position.

(3)To hear her talk, you would take her for the French.
  ※take A for B「AをBだと思う」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「(あなたは、)早く起きさえすればよかったのに。」

(2)「あなたの立場なら、私はそこへ行くだろう。」

(3)「彼女が話すのを聞いたら、あなたは彼女がフランス人だと思うだろう。」

同格表現の基礎へ | 英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ