未来完了形[継続]

未来完了形の継続について解説します。

現在完了形の形は「have(has) + 過去分詞」、
過去完了形の形はhaveを過去形にして「had + 過去分詞」です。

未来完了形の形は現在完了形のhaveに未来を表すwillを付け、
「will have + 過去分詞」となります。

意味は、現在完了形や過去完了形と同じく
完了、経験、継続の3つがあります。

ここでは、未来完了形の継続について解説します。

未来完了形の継続の意味は、
「(未来のある時点まで)~し続けている(でしょう)」や
「~し続けることになる(でしょう)」です。

以下の未来完了形の文をみてみましょう。

I will have lived in Tokyo for four years next August.
「私は、来年の8月で4年間東京に住んでいることになります。」

この文は来年という「未来のある時点」で
4年間東京に住んでいることになるというように、
「未来のある時点まで」の継続を表します。

未来完了形の継続は、未来のある時点まで
ある状態が継続するだろうということを表します。

現在完了形と過去完了形の継続の文と
未来完了形の継続の文を比べてみましょう。

まずは、現在完了形の継続の文です。

I have lived in Tokyo for three years.
「私は、3年間東京に住んでいます。」

現在完了形の継続の文は「今まで」の継続を表すので、
この文は「今まで」3年間東京に住んでいるという意味になります。

次に、過去完了形の継続の文です。

I had lived in Tokyo for two years till last August.
「私は、昨年の8月まで2年間東京に住んでいました。」

この文は昨年の終わりという「過去の時点まで」
2年間東京に住み続けていたという意味になり、
「過去のある時点まで」の継続を表します。

このように完了形の継続はある時点までの継続を表し、
現在完了形は「今まで」、過去完了形は「過去のある時点まで」、
未来完了形は「未来のある時点まで」の継続を表します。

現在完了形と過去完了形の解説でも同じことを書きましたが、
完了形はある時点とある時点が繋がっている「線」イメージです。

未来完了形は、未来のある時点を終点とした「線」のイメージです。

未来完了形の文は、willの後ろにnotを付ければ否定文になります。

以下の未来完了形[継続]の肯定文を否定文に書き換えてみましょう。

I will have lived in Japan till next year.
「私は、来年まで日本に住んでいるでしょう。」

この未来完了形[継続]の文を否定文に書き換えると、
以下のようになります。

I will not have lived in Japan till next year.
「私は、来年まで日本に住んでいないでしょう。」

will notの省略形won'tを用い、以下のように書くこともできます。

I won't have lived in Japan till next year.

この未来完了形[継続]の否定文は、来年という「未来のある時点まで」
日本に住むという状態が継続しないだろうということを表しています。

未来完了形の文はwillを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付ければ疑問文になります。

以下の未来完了形[継続]の肯定文を疑問文に書き換えてみましょう。

I will have lived in Japan till next year.
「私は、来年まで日本に住んでいるでしょう。」

この未来完了形[継続]の文を疑問文に書き換えると、
以下のようになります。

Will you have lived in Japan till next year?
「あなは、来年まで日本に住んでいますか。」

自分に質問することは普通ないので、
主語をyou「あなた」に変えます。

この未来完了形[継続]の疑問文は、来年という「未来のある時点まで」
日本に住むという状態が継続するかということを質問しています。

未来完了形[継続]の復習問題

問題1.以下の未来完了形[継続]の文を日本語に訳しなさい。

(1)He will have lived in America for five years by next month.
  ※by next month「来月で」

(2)She will have had the cat for two years by the end of this year.
  ※hadはhave「飼う」の過去分詞、
   by the end of this year「今年の終わりで」

問題2.以下の未来完了形[継続]の文を否定文に変えなさい。

(3)The house will have stood there till next year.
  ※stoodはstand「立っている」の過去分詞、
   there「そこに」、till「~まで」

問題3.以下の未来完了形[継続]の文を疑問文に変えなさい。

(4)The house will have stood there till next year.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「彼は、来月で5年間アメリカに住んでいることになる。」

(2)「彼女は、今年の終わりで2年その猫を飼い続けていることになる。」

(3)The house won't have stood there till next year.
 「その家は、来年までそこに立って(立ち続けて)いないでしょう。」

(4)Will the house have stood there till next year?
 「その家は、来年までそこに立って(立ち続けて)いるでしょうか。」

未来完了形[経験]へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ