未来完了形[経験]

未来完了形の経験について解説します。

現在完了形の形は「have(has) + 過去分詞」、
過去完了形の形はhaveを過去形にして「had + 過去分詞」です。

未来完了形の形は現在完了形のhaveに未来を表すwillを付け、
「will have + 過去分詞」となります。

意味は、現在完了形や過去完了形と同じく
完了、経験、継続の3つがあります。

ここでは、未来完了形の経験について解説します。

未来完了形の経験の意味は、
「(未来のある時点までに)~することになる(でしょう)」です。

以下の未来完了形の文をみてみましょう。

I will have read the book three times if I read it again.
「もしもう1度読むと、私は3回その本を読むことになる(でしょう)。」

この文は、もう1度その本を読むという
「未来のある時点まで」の経験(3回読む)を表します。

未来完了形の経験は、「生まれた時」から「未来のある時点」
までの経験(回数)を表します。

上の未来完了形の経験の文だと、
「生まれた時」ともう1度その本を読むという
「未来のある時点」が「線」で繋がっています。

そして、その間で3回その本を読むことを経験する
ということを表しています。

未来完了形の経験の文を、
以下の現在完了形と過去完了形の経験の文と比べてみましょう。

まず、現在完了形の経験の文です。

I have read the book twice.
「私は、(今までに)2回その本を読んだことがあります。」

この文は、生まれた時から「今まで」の経験を表します。

次に、過去完了形の経験の文です。

I had read the book once before I was 10 years old.
「私は、10歳(になる)までにその本を1回読んだことがありました。」

この文は、生まれた時から10歳という「過去の時点」までに
1回読んだという経験を表します。

このように完了形の経験はある時点までの経験を表し、
現在完了形は「今まで」、過去完了形は「過去のある時点まで」、
未来完了形は「未来のある時点まで」の経験を表します。

現在完了形と過去完了形の解説でも同じことを書きましたが、
完了形はある時点とある時点が繋がっている「線」イメージです。

未来完了形は、未来のある時点を終点とした「線」のイメージです。

未来完了形の文は、willの後ろにnotを付ければ否定文になります。

以下の未来完了形[経験]の肯定文を否定文に書き換えてみましょう。

I will have been to England once before I am 20 years old.
「私は、20歳になる前に1度イングランドに行くことになる(でしょう)。」

この未来完了形[経験]の文を否定文に書き換えると、
以下のようになります。

I won't have been to England before I am 20 years old.
「私は、20歳になる前にイングランドに行くことはない(でしょう)。」

この未来完了形[経験]の否定文は、
20歳になるという「未来のある時点まで」にイギリスに行く
という経験をしないということを表しています。

以下のように、未来完了形の経験の否定文では
notの代わりにnever「1度も~ない」を用いることもあります。

I will never have been to England before I am 20 years old.
「私は、20歳になる前に1度もイングランドに行くことはない(でしょう)。」

未来完了形の文はwillを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付ければ疑問文になります。

以下の未来完了形[経験]の肯定文を疑問文に書き換えてみましょう。

I will have been to England once before I am 20 years old.
「私は、20歳になる前に1度イングランドに行くことになる(でしょう)。」

この未来完了形[経験]の文を疑問文に書き換えると、
以下のようになります。

Will you have been to England before you are 20 years old?
「あなたは、20歳になる前にイングランドに行きますか。」

この未来完了形[経験]の疑問文は、
20歳になるという「未来のある時点まで」に、
イングランドに行くことを経験をするかということを質問しています。

未来完了形[経験]の復習問題

問題1.以下の未来完了形[経験]の文を日本語に訳しなさい。

(1)He will have watched the movie twice if he watches it again.
  ※watchedはwatch「(映画などを)観る」の過去分詞形

(2)I will have met him three times if I meet him again.

※(1)と(2)のif ~ の部分は未来に起こることですが、
 ここではwatchesやmeetのように現在形を用います。
 これについては条件の副詞節で解説しています。

問題2.以下の未来完了形[経験]の文を否定文に変えなさい。

(3)Ken will have told a lie till he dies. (neverを使って)
  ※tell a lie「嘘をつく」、toldはtell「言う」の過去分詞

問題3.以下の未来完了形[経験]の文を疑問文に変えなさい。

(4)Ken will have told a lie till he dies.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「もしもう1度観たら、彼は2回その映画を観ることになる。」

(2)「もしもう1度(彼に)会うと、私は彼に3回会うことになる。」
  ※「もしもう1度(彼に)会うと、彼に会うのは3回目です。」
   でも正解です。

(3)Ken will never have told a lie till he dies.
  「ケンは、死ぬまで1度も嘘をつかない(でしょう)。」

(4)Will Ken have told a lie till he dies?
  「ケンは、死ぬまでに嘘をつくだろうか。」

未来完了形[完了]へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ