一般動詞の過去形

一般動詞の過去形について解説していきます。

まず、一般動詞の現在形を用いた以下の文を
「私は、昨日テニスをしました。」という
過去の文に書き変えてみましょう。

I play tennis.「私は、テニスをします。」

現在形の文を過去形の文に書き換えるには、
一般動詞playの最後にedをつけて過去形のplayedにし、
過去形の文は以下のようになります。

I played tennis yesterday.
「私は、昨日テニスをしました。」

現在形では主語が三人称単数のHeに変わると、
He plays tennis.「彼は、テニスをします。」と
一般動詞playの最後にsを付けてplaysとしました。

ところが、過去形の文は以下のように
主語に関係なくplayにedを付けます。

He played tennis yesterday.
「彼は、昨日テニスをしました。」

live「住む」やlike「好む」など最後がeで終わる一般動詞は、
最後にdを付けてlived「住んでいた」、liked「好んだ」となります。

よって、I live in Japan.「私は、日本に住んでいます。」
という一般動詞の現在形を用いた文を過去形の文に書き換えると、
以下のようになります。

I lived in Japan last year.
「私は、去年日本に住んでいました。」

過去形の文は、過去を表すyesterday「昨日」やlast year「去年」
といった言葉が文末に付くことが多いので覚えておきましょう。

これら最後にedを付けると過去形になる動詞は規則動詞と呼ばれます。

これに対し、edを付けるのではなく
不規則な変化をして過去形なる動詞があります。

例として、go「行く」の過去形について考えてみます。

goの過去形は、最後にedを付けるのではなく
wentと不規則に変形します。

このような動詞は不規則動詞と呼ばれます。

では、以下の文の過去形を考えてみましょう。

I go to the park.「私は、公園に行きます。」

以下のように、goをwentに変えれば過去形の文になります。

I went to the park yesterday.
「私は、昨日公園に行きました。」

現在形では、主語が三人称単数のHeに変わると、
以下のようにgoにes(最後がoで終わる動詞のため)を付けました。

He goes to the park.「彼は、公園に行きます。」

過去形の文は、以下のように
主語に関係なくgoをwentに変えるだけです。

He went to the park yesterday.
「彼は、昨日公園に行きました。」

不規則動詞の過去形は、動詞の過去形を覚えておく必要があります。

家に英文法の参考書がある場合、
最後のページに動詞活用一覧表が付いていると思うので
不規則動詞の過去形を確認しておきましょう。

一般動詞の過去形の否定文は
didn't(またはdid not)を一般動詞の前に置き、
その後ろにくる一般動詞を原形にします。

現在形の否定文は、don't(do not)やdoesn't(does not)を
一般動詞の前に置きましたが、過去形の場合didn'tを用います。

以下の規則動詞と不規則動詞の過去形を用いた文を
否定文に書き換えてみましょう。

I played tennis yesterday.
「私は、昨日テニスをしました。」

I went to the park yesterday.
「私は、昨日公園に行きました。」

この2つの文の否定文は、以下のようになります。

I didn't play tennis yesterday.
「私は、昨日テニスをしませんでした。」

I didn't go to the park yesterday.
「私は、昨日公園に行きませんでした。」

didn'tを動詞の前に置くということに気を取られすぎて、
一般動詞をplayed→play、went→goというように
原形に直すことを忘れないようにしましょう。

現在形で主語が三人称単数の場合、
否定文ではdoesn'tを用いましたが
過去形では主語に関係なくdidn'tを用います。

He played tennis yesterday.
「彼は、昨日テニスをしました。」

この文を否定文に書き換えると以下のようになります。

He didn't play tennis yesterday.
「彼は、昨日テニスをしませんでした。」

疑問文はDidを文の先頭に置き、一般動詞を原形にします。

疑問文なので文の最後にクエッションマーク?を付けます。

現在形の疑問文の場合はDoやDoesを文の先頭に置きましたが、
過去形ではDidを文の先頭に置きます。

否定文のところで用いた2つの文を疑問文に書き換えると
以下のようになります。この場合、主語をyouに変えます。

Did you play tennis yesterday?
「あなたは、昨日テニスをしましたか。」

Did you go to the park yesterday?
「あなたは、昨日公園に行きましたか。」

Didを文の先頭に付けること以外に、
動詞をplayed→play、went→goと原形に戻し、
文末に?を付けることも忘れないようにしましょう。

答え方はYesまたはNoとdidを用い、以下のようになります。

Yes, I did.「はい、しました。」

No, I did not(didn't).「いいえ、しませんでした。」

一般動詞の現在形の文では
主語が三人称単数の時に疑問文でDoesを用いましたが、
一般動詞の過去形では主語に関係なくDidを用います。

よって、He played tennis yesterday.
という文を疑問文に書き換えると以下のようになります。

Did he play tennis yesterday?
「彼は、昨日テニスをしましたか。」

答え方はYesまたはNoとdidを用い、以下のようになります。

Yes, he did.「はい、しました。」

No, he did not(didn't).「いいえ、しませんでした。」

一般動詞の過去形の復習問題

問題1.以下の文を()内の語を文末に付けて
   過去形の文に書き変えなさい。

(1)She likes him.(two years ago[2年前])
(2)I talk with your brother.(last year)
(3)They make many chairs.(yesterday)

問題2.以下の一般動詞の過去形を用いた文を否定文に変えなさい。

(4)She lived in London two years ago.
(5)I had a pet last year.
  ※hadはhave「(ペットを)飼っている」の過去形

問題3.以下の一般動詞の過去形を用いた文を疑問文に変えなさい。

(6)She lived in London two years ago.
(7)They cooked dinner yesterday.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)She liked him two years ago.
   「彼女は、2年前彼のことが好きでした。」

(2)I talked with your brother last year.
  「私は、去年あなたの弟と話しました。」

(3)They made many chairs yesterday.
  「彼らは、昨日たくさんの椅子を作りました。」

(1)のlikeと(2)のtalkは規則動詞なのでedをつけて過去形にし、
(3)のmakeは不規則動詞なので過去形にmadeを用います。

(4)She didn't(did not) live in London two years ago.
  「彼女は、2年前ロンドンに住んでいませんでした。」

(5)I didn't(did not) have a pet last year.
  「私は、昨年ペットを飼っていませんでした。」

※didn'tの後ろの動詞を原形にします。

(6)Did she live in London two years ago?
  「彼女は、2年前ロンドンに住んでいましたか。」

(7)Did they cook dinner yesterday?
  「彼らは、昨日夕食を作りましたか。」

※動詞を原形にし、文末に?を付けます。

未来形(will)へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ