現在完了形[経験]

現在完了形の経験について解説します。

まずは、現在完了形の形と意味について確認しておきましょう。

現在完了形の形は「have(has) + 過去分詞(動詞の過去分詞形)」で、意味は以下の3つです。

(1)継続「(ずっと)~し続けている」
(2)経験「(今までに)~したことがある」
(3)完了、結果「~し終えたところです、~してしまった」

しかし、現在完了形は形が1つなのに対し意味が3つあるので、例えば以下のように「have + 過去分詞」だけだと意味の判別ができません。

He has lived in Japan.

この文では、経験の「彼は、日本に住んでいたことがある。」と継続の「彼は、(ずっと)日本に住んでいる。」のどちらの意味か分かりません。

そこで、経験か継続のどちらの意味で用いているのかはっきりさせるために、現在完了形の継続、経験、完了にはそれぞれキーワードがあります。

ここでは、現在完了形の経験の意味を確認しながら経験の意味を表すキーワードについても解説していきます。

経験のキーワードでよく用いられるものは、once「1回」、twice「2回」、three times「3回」などの経験の回数を表す言葉とbefore「以前」です。

3回以上の回数は、three, fourなどの数にtimes「~回」をつけ表します(four times「4回」, ten times「10回」など)。

そして、これらの経験を表すキーワードは文の最後に付けます。

よって、以下のようにonceやbeforeが文末に付いていると、現在完了形の文は継続ではなく経験の意味を表します。

I have lived in Japan once. 「私は、1回日本に住んだことがあります。」

I have lived in Japan before. 「私は、以前日本に住んだことがあります。」

そして、現在完了形の経験には非常によく用いられ注意すべき表現が1つあります。それは、「~へ行ったことがある」です。

通常、「行く」という動作を表す時は動詞はgoです。

よって、「~へ行ったことがある」という経験を表す場合、goの過去分詞goneを用いて現在完了形の形はhave goneではないかと思ってしまいます。

しかし、「~へ行ったことがある」という経験を表す時には、have gone (to)ではなくhave been (to)を用いなければなりません。

よって、「私は、以前パリに行ったことがある。」という現在完了形の経験の文は以下のようになります。

I have been to Paris before.

現在完了形の経験の文で、have(has) goneは使わないので注意しましょう。

また、通常現在完了形の文はhaveの後ろにnotを付ければ否定文になります。

ところが、現在完了形の経験の否定文は、haveやhasの後ろにnotではく、never「(今までに)1度も~ない」を付けます。

よって、He has lived in Japan before.「彼は、日本に住んでいたことがある。」という現在完了形[経験]の文を否定文に書き換えると、以下のようになります。

He has never lived in Japan before.
「彼は、(今までに)1度も日本に住んだことがない。」

has neverの省略形はありません。

また、現在完了形[経験]の否定文では、以下のように文末のbeforeをとってしまう場合もあります。

He has never lived in Japan.

経験の否定文の意味は、「(今までに)1度も~したことがない」となります。

通常、現在完了形の文は、have(has)を主語の前に出し、文末にクエッションマーク?を付ければ疑問文になります。

現在完了形の経験の疑問文の場合だけ、加えて過去分詞の前にever「今までに~」を置きます。

よって、They have been to England before.「彼らは、以前イングランドに行ったことがあります」という現在完了形[経験]の文を疑問文に書き換えると、以下のようになります。

Have they ever been to England?
「彼らは、今までにイングランドに行ったことがありますか。」

everは経験の疑問文のみで用いられるので注意しましょう。

経験の疑問文の意味は、「(今までに)~したことがありますか」となります。

答え方は、YesまたはNoとhave(has)を用い、以下のようになります。

Yes, they have. 「はい、あります」

No, they haven't. 「いいえ、ありません。」

そして、「2回~したことがありますか」、「3回~したことがありますか」といちいち経験の回数を尋ねることはあまりしません。

そこで、現在完了形の経験の疑問文ではHow many times「何回」という疑問詞を用い、経験の回数を尋ねる疑問文がよく用いられます

先ほどの現在完了形[経験]の疑問文をHow many timesを用いて書き換えると、以下のようになります。

How many times have they been to England?
「彼らは、何回イングランドに行ったことがありますか。」

答え方は、以下のように回数を答えます。

Twice.「2回です。」

現在完了形[経験]の復習問題にチャレンジ!

問題1.以下の現在完了形[経験]の文を日本語に訳しなさい。

(1)We have met her once.

(2)She has had a pet before.
  ※hadはhave「持っている、飼っている」の過去分詞です。

(3)Ken has been to America twice.

問題2.以下の現在完了形[経験]の文を否定文に書き換えなさい。

(4)They have been to America before.

問題3.以下の現在完了形の文を()内の言葉を用い疑問文に書き換えなさい。

(5)They have been to America once. (How many times)

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「私達は、1度彼女に会ったことがあります。」

(2)「彼女は、以前ペットを飼ったことがあります。」

(3)「ケンは、2回アメリカに行ったことがあります。」

(3)のhas been to (場所)は、「(場所)へ行ったことがある」です。
現在完了形の経験でhas gone toが用いられることはないので注意しましょう。

(4)They have never been to America before.
  「彼らは、以前1度もアメリカに行ったことがありません。」

(5)How many times have they been to America?
  「彼らは、何回アメリカに行ったことがありますか。」

(5)は、経験回数が分からないのでonceを消し、How many timesを用います。

現在完了形[完了]へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ