現在形や過去形と現在完了形の違い

現在形や過去形と現在完了形の違いについて解説します。

まず、以下の現在形の文をみてみましょう。

He lives in Japan.「彼は、日本に住んでいます。」

この現在形の文は彼が「今日本に住んでいる」ということを表し、
「過去にどこに住んでいたか」や「未来にどこに住んでいるか」
については全く分かりません。

次に、以下の過去形の文をみてみましょう。

He lived in Japan last year.
「彼は、昨年日本に住んでいました。」

この過去形の文は、彼は昨年という「過去のある時点」で
日本に住んでいたということを表しています。

よって、彼が「今どこに住んでいるか」や
「未来にどこに住んでいるか」については全く分かりません。

このように、現在形の文は「今」のことだけ、
過去形の文は「過去のある時点」のことだけを表し、
その他の時のことは分かりません。

このことから、現在形や過去形(未来形も)が表す時は、
「今」や「過去のある時点」という「点」であることが分かります。

ここで、現在完了形について考えてみます。

分かりやすいので、まずは現在完了形の継続の文で解説します。

He has lived in Japan since last year.
「彼は、昨年から日本に住んでいます。」

この現在完了形の文だと、彼は日本に「昨年から今まで」
ずっと住んでいるということが分かります。

現在完了形の文は、過去だけでもなく今だけでもなく
「過去から今まで」と過去と現在が繋がっていることを表します。

現在形は「今」、過去形は「過去のある時点」
という「点」のイメージであるのに対し、
現在完了形は過去から今まで時が繋がる「線」のようなイメージです。

次に、以下の現在完了形の経験の文をみてみましょう。

He has lived in Japan before.
「彼は、以前日本に住んでいたことがある。」

この文も、「生まれた時から今まで」の経験を表すので
「生まれた時という過去のある時点」と「今」が繋がっている
「線」のようなイメージになります。

現在完了形の完了(結果)は、
過去形の文と混乱しやすいので気をつけましょう。

まず、以下の過去形の文をみて下さい。

He finished the work yesterday.
「彼は、昨日その仕事を終えた。」

この過去形の文は、昨日という「過去のある時点」で
仕事を終えたというように、昨日の事実しか表しません。

よって、「今」のことは分からないので、
今はたくさんの仕事をしている可能性があります。

あくまで、昨日仕事を終えたということしか分かりません。

次に、以下の現在完了形の完了の文をみてみましょう。

He has already finished the work.
「彼は、すでにその仕事を終えてしまった。」

この現在完了形の文は、「過去のある時点」で仕事を終えて、
その結果「今」もまだすべき仕事がないということを表します。

よって、過去の動作が完了した結果プラス今の状態が分かり、
過去のある時点と今が繋がる「線」のようなイメージになります。

過去形の文と現在完了形の完了[結果]の文は、
日本語に訳すと非常に似ていますが表す意味は全く異なります。

もう1つ過去形と現在完了形[完了]の例文を比べてみましょう。

以下の過去形の文は、
「過去のある時点」で弟が郵便局へ行ったことだけを表し、
「今」家に帰ってきているか、まだ外出中かは分かりません。

My brother went to the post office.
「私の弟は、郵便局へ行きました。」

ところが、以下の現在完了形[完了]の文は、
「過去のある時点」で弟は郵便局へ行ってしまい
「今」もいないということを表します。

My brother has gone to the post office.
「私の弟は、郵便局へ行ってしまった。」

よって、現在完了形は過去と今が繋がる
「線」ようなイメージになります。

現在形や過去形と現在完了形の違いの復習問題

問題.以下の英文を日本語に訳しなさい。

(1)Ken went to Kyoto yesterday.

(2)Ken has been to Kyoto twice.

(3)Ken has been to Kyoto.

※ただ日本語に訳すだけでなく、状況を考えながら訳しましょう。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「ケンは、昨日に京都に行った。」

(2)「ケンは、2回京都に行ったことがあります。」

(3)「ケンは、京都に行ってきました。」

(1)は過去形の文なので、
昨日京都に行ったと過去の「点」のことだけを表しており、
今帰ってきているかまだ京都にいるかは分かりません。

(2)は現在完了形の経験の文なので、
生まれた時という過去のある時点から今までを「線」で繋ぎ、
その間に2回京都に行ったことがあることを表します。

(3)は現在完了形の完了の文なので、過去のある時点で京都に行き、
今は普段住んでいる街に戻ってきていることを表します。
過去の動作の結果今のことが分かり、過去と今が線で繋がっています。

現在完了進行形へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ