不変の真理や諺には現在形を用いる

不変の真理や諺(ことわざ)には現在形を用いる
について解説します。

不変の真理とは過去、現在、未来にわたり変わらない事実のことで、
例えば以下のような文があります。

The earth goes around the sun.
「地球は、太陽の周りをまわっています。」

The sun sets in the west.「太陽は、西に沈む。」

諺は、以下のような文です。

Time is money.「時は金なり。」

このような不変の真理や諺は、どんな場合でも現在形で表します。

この定義は、時制の一致に関係した文章でよく用いられます。

まず、以下の文を用いて時制の一致について簡単に解説します。

I know that he is kind.
「私は、彼が親切だと知っています。」

この文の中で示されている「私は知っています」と「彼は親切です」
という2つの事柄は、共に「現在」のことです。

そして、この文でknowがknewと過去形に変わった時、
以下のようにthat以下のisが現在のままではおかしな意味になります。

I knew that he is kind.
「私は、彼が親切だと知っていました。」

日本語だけみると分かりにくいと思いますが、
この文では彼が「今」親切であると「過去のある時点」で
知っていたと予言のような意味になってしまいます。

占いなど、特殊な状況以外ありえません。

通常、「過去のある時点」で、
彼が親切であったことを知っていたという意味になります。

「知っていた」のと「(親切)だった」のは同じ過去なので、
knowが過去形のknewに変わると、isも過去形のwasに変えて
以下のように時制を一致させなければなりません。

I knew that he was kind.
「私は、彼が親切だと知っていました。」

これが時制の一致です。

次に、以下の文を考えてみましょう。

I know the earth goes around the sun.
「私は、地球が太陽の周りをまわっていることを知っています。」

この文でknowが過去形のknewに変わっても時制の一致はせず、
以下のようにgoesを過去形のwentに変えません。

I knew that the earth goes around the sun.
「私は、地球が太陽の周りをまわっていることを知っていました。」

不変の真理の場合は、時制の一致などで通常なら
過去形を用いる場合でも現在形を用いなければならないのです。

もう1つ、諺の文を用いた場合も考えてみます。

He knows that time is money.
「彼は、時は金なり(という諺を)知っています。」

この文でknowsが未来形のwill knowに変わっても時制の一致はせず、
以下のようにisは未来形のwill beに変わりません。

He will know that time is money.
「彼は、時は金なり(とうい諺)を知るでしょう。」

このように、不変の真理や諺にはどんな場合でも現在形を用います。

sponsored link

不変の真理や諺には現在形を用いるの復習問題

問題.以下の文の()内の語を書き換えなさい。

(1)I knew that he (play) tennis very well.

(2)He found that the sun (set) in the west.
  ※foundはfind「分かる、気づく」の過去形

(3)Ken will know that to see (is) to believe tomorrow.
  ※to see is to believeは「百聞は一見にしかず」という諺です。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I knew that he played tennis very well.
 「私は、彼が上手にテニスをするのを知っていました。」

※不変の真理や諺ではなく、時制の一致で過去形のplayedを用います。

(2)He found that the sun sets in the west.
 「彼は、太陽が西に沈むことに気づいた。」

※不変の真理なのでsetは過去形にせず現在形を用います。また、
 主語のthe sunは三人称単数なのでsetsと動詞にsを付けます。

(3)Ken will know that to see is to believe tomorrow.
 「ケンは、明日百聞は一見にしかず(という諺)を知るでしょう。」

※諺なのでbe動詞は未来形にせず現在形isを用います。

確定した未来の予定は現在形へ | 英文法解説[時制]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ