条件の副詞節の中では未来のことでも現在形を用いる

条件の副詞節の中では未来のことでも現在形を用いる
について解説します。

まだ読んでいない方は、以下の解説から読んでみて下さい。

時の副詞節の中では未来のことでも現在形を用いる

まず、以下の文をみてみましょう。

I won't go out if it rains tomorrow.
「もし明日雨が降ったら、私は外出しないでしょう。」

この文では、明日という未来のことなのにif節の中で
未来形のwill rainではなくrainsと現在形が用いられています。

理由は以下の通りです。

まず、if it rains tomorrowという節は
外出しない条件を表しているので条件の節になります。

また、このif節は「明日雨が降ったら→外出しない」というように、
動詞(won't go out)を修飾しているので副詞の役割をしています。

よって、この節は「条件の副詞節」となります。

これは、「条件の副詞節の中で未来のことには現在形を用いる」
という定義に当てはまるので、未来のことでも現在形を用います。

Whenを用いた節の時と同様、if節も名詞節になる場合があります。

以下の文をみてみましょう。

I don't know if it will rain tomorrow.
「私は、明日雨が降るかどうか知りません。」

この文では、明日という未来のことを表すのに
will rainと未来形を用いています。

この文のif節はknowの目的語になっており、
目的語になれるのは名詞だけなのでこのif節は名詞節となります。

また、ifは「~かどうか」という意味で条件を表していません。

よって、「条件の副詞節の中で未来のことには現在形を用いる」
という定義にあてはまらないので、未来のことは未来形で表します。

if節が「条件の副詞節」の場合は未来のことは現在形で、
「条件の名詞節」の場合は未来のことは未来形(will)で表します。

if節の中で必ず現在形を用いる訳ではないので注意しましょう。

if節の中で現在形と未来形のどちらを用いるのかを判断する時に、
副詞節か名詞節かではなくifの訳し方で決めることができます。

以下のようにifを「もし~ならば」と訳したら副詞節になるので、
未来のことは現在形で表します。

I won't go out if it rains tomorrow.
「もし明日雨が降ったら、私は外出しないでしょう。」

また、ifを「~かどうか」と訳したら名詞節になるので、
以下のように未来のことは未来形で表します。

I don't know if it will rain tomorrow.
「私は、明日雨が降るかどうか知りません。」

ただし、いつも英文を日本語に訳せるとは限らないので、
副詞節と名詞節という考え方も必ず理解しておきましょう。

条件の副詞節の中では未来のことでも現在形の復習問題

問題.以下の文の()内の語を適切な形に書き換えなさい。
   2語以上になる場合もあります。

(1)I don't know if Ken (go) shopping tomorrow.

(2)Ken won't go out if it (snow) tomorrow.
  ※snow「雪が降る」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I don't know if Ken will go shopping tomorrow.
 「私は、明日ケンが買い物に行くつもりかどうか知りません。」

※ifの節は名詞節なので、未来のことには未来形を用います。

(2)Ken won't go out if it snows tomorrow.
  「もし明日雪が降ったら、ケンは外出しないでしょう。」

※ifの節は副詞節なので、未来のことでも現在形を用います。

近い未来の予定は現在進行形へ | 英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ