近い未来の予定には現在進行形を用いる

近い未来の予定には現在進行形を用いるについて解説します。

通常、主語の未来に対する意思や未来の予定、動作、状態
などを表す時には、以下のように未来形を用います。

I will leave Japan next week.
「私は、来週日本を出発するもりです。」

また、未来のことでも「確定した未来の予定」は
現在形で表すことができます。

例えば日本から他の国へ行く飛行機のチケットを購入しており、
キャンセルしないという場合には「確定した未来の予定」と考え、
未来のことでも以下のように現在形で表すことができます。

I leave Japan next week.
「私は、来週日本を発ちます。」

確定した未来の予定なので、
「発ちます」と(言い切るような感じに)なります。

これついては、以下のページで詳しく解説しています。

確定した未来の予定には現在形を用いる

そして、来週を近い未来と考えると「近い未来の予定」となり、
以下のように現在進行形で表すことができます。

I am leaving Japan next week.
「私は、来週日本を出発する予定です。」

「近い未来」とは今からどの程度先のことまでなのか?
と疑問に思う方もいるかもしれません。

これは、来週を近い未来と考える人もいれば、
近くないと考える人もいるので話し手の主観で決まります。

さらに、同じ人でもその時の気分で来週を近い未来と考えたり、
近くない未来と考えることがあると思います。

しかし、現在形は時刻表などの客観的な事実を述べる場合、
現在進行形はこれからするというような場合に用いられます。

現在進行形は、現在動きがあるような感じになります。

文法問題でも、未来を表す文で現在形、現在進行形、未来形の
3つのうちどれかを判断するような問題は出題されません。

よく出される問題は、以下のように未来のことを表す文で
「will(be going to) + 動詞の原形」が選択肢にない問題です。

He ( ) to my house tomorrow.「私は、明日私の家に来ます。」

1.is coming 2.come 3.came 4.has come

この定義を知らずにこのような問題を出されると混乱しますが、
近い未来の予定は現在進行形で表すことができることを知っていれば
混乱することもなく1のis comingを選ぶことができます。

現在形も用いることができますが、
主語がHeなのでこの場合はcomesでなければいけません。

現在形の2も正解なのでは?と引っかからないで下さいね。

そして、この定義でよく用いられる動詞は往来発着の動詞
go「行く」、come「来る」、leave「去る」、arrive「到着する」
の4つです(leave forで~へ出発する)。

be going toとの違いは、以下の通りです。

1.be ~ingのみ
「意思のある近い未来」「その場で生まれた意志未来」

例)I'm coming.「(そちらに)行きます。」
 …その場で生まれた意志

2.be ~ing+時を表す副詞「確定している未来・予定」

例)I'm going tomorrow.「私は、明日行きます。」
 …明日出かける予定

3.be going toのみ「ごく近い未来」

例)I'm (just) going to go out.
 「今(ちょうど)出かけようとしてます。」

4.be going to+時を表す副詞「前からあった意図・意思」

例)I'm going to go out tomorrow.
 「私は、明日でかけるつもりです。」

sponsored link

近い未来の予定には現在進行形の復習問題

問題.以下の文の()内に入る適切な語を選びなさい。

(1)He ( ) shopping tomorrow.
  ※go shopping「買い物に行く」

 1.go 2.went 3.was going 4.is going

(2)I ( ) at Tokyo next Sunday.
  ※arrive at「~に到着する」

 1.am arriving 2.arrives 3.arrived 4.is arriving

(3)Ken ( ) Japan this afternoon.
  ※this afternoon「今日の午後」

 1.is leaving 2.left 3.leave 4.will leaves

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He is going shopping tomorrow.
  「彼は、明日買い物に行く予定です。」

(2)I am arriving at Tokyo next Sunday.
  「私は、来週の日曜日に東京に到着する予定です。」

(3)Ken is leaving Japan this afternoon.
  「ケンは、今日の午後日本を発つ予定です。」

近い未来の予定には、現在進行形を用いることができます。
未来形の「will(be going to) + 動詞の原形」がないから
といって慌てないようにしましょう。

反復動作や習慣には進行形を用いるへ | 英文法解説[時制]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ