助動詞cannot+have+過去分詞

助動詞cannot+have+過去分詞の意味と
使い方について例文を用いて解説します。


cannot+have+過去分詞の意味

cannot+have+過去分詞の意味は、
「~だったはずがない」です。

これは助動詞+完了形の形ですが、
助動詞の後ろは動詞の原形なので、
cannotの後ろは必ずhave+過去分詞
という現在完了形になります。

よって、過去完了形had+過去分詞
を置くことはありません。


cannot+have+過去分詞の使い方

cannot+have+過去分詞の使い方を
なぜこのような形を用いるのかと合わせて、
cannot「~のはずはない」を使って解説します。

まず、cannotのみを用いた
以下の文をみてみましょう。

He cannot be rich.
「彼は、お金持ちのはずはない。」

この文には、主に2人の人が関わっています。

1人はお金持ちだと推測されている「彼」、
もう1人はこの文を言っている「話し手」です。

そして、この文で話し手は
彼が「今」お金持ちであることを
「今」そんなはずはないと推測しています。

まとめると、彼の「今」の状態を、
話し手は「今」推測しています。

次に、以下の日本語の文を考えてみましょう。

「彼は、お金持ちだったはずはない。」

今度は、少し違います。

この文は話し手が「今」
推測しているという部分は同じですが、
話し手は彼が「過去のある時点」で
お金持ちだったということを推測しています。

まとめると、彼の「過去」の状態を、
話し手は「今」推測しています。

これを英文に書き換えてみましょう。

まず、「彼はお金持ちだった。」は
He was rich.です。

そして、「彼は~のはずがない。」は
He cannot ~ です。

He cannot ~ の~に
He was richを入れれば、
「彼は、お金持ちだったはずはない」
という文になります。

助動詞の後ろは動詞の原形なので、
普通に考えると以下のようになります。

He cannot be rich.

ところが、この文だと
「彼は、お金持ちのはずがない。」という
彼の「今」の状態を話し手が「今」推測している
最初の例文と同じになってしまいます。

助動詞の後ろは動詞の原形なので、
彼の「過去」の状態を表したいからといって、
以下のようにHe cannotの後ろにwasを置く
こともできません。

He cannot was rich.

このように、助動詞の後ろには
動詞の原形しか置けず、過去形は使えないので
その代わりに現在完了形を用います。

よって、「彼は、お金持ちだったはずがない。」
という日本語を英語にする時、cannotの後ろに
have+過去分詞を置いて以下のようになります。

He cannot have been rich.
「彼は、お金持ちだったはずがない。」

この文で用いられている(現在)完了形は、
cannotの部分の「現在」という時に対して
1つ古い時(この場合は過去)を表しています。

本来の継続、経験、完了(結果)という
意味ではないので注意しましょう。

cannot have 過去分詞「~だったはずがない」は、
「過去」のことを話し手が「今」推測しています。

助動詞+完了形でよく用いられる助動詞は、
cannotの他に5個しかないので形と意味を
丸暗記することもできます。

しかし、ここで解説した
have+過去分詞を用いるという考え方は
不定詞や動名詞など他の文法を勉強する時も
必要になるので覚えておきましょう。

must have 過去分詞へ

cannot have 過去分詞の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)She cannot be a singer.

(2)She cannot have been a singer.

(3)Ken cannot have bought a new car.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

cannot have 過去分詞の問題の解答

(1)「彼女が、歌手のはずがない。」

(2)「彼女が、歌手だったはずがない。」

(3)「ケンが、新しい車を買ったはずがない。」

(1)は「今」彼女の状態、
(2)は「過去のある時点」の彼女の状態、
(3)は「過去のある時点」のケンの動作を
「今」話し手が推測しています。

英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ