need toの意味と使い方

一般動詞のneed「~を必要とする」を用いた
need toについて例文を用いて解説します。


肯定文ではneed to

助動詞needのページでも解説しましたが、
以下のように肯定文で助動詞のneedを使う
ことはできません。

×He need pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

そこで、「~する必要がある」
という肯定の意味を表す時には、
一般動詞のneedを用いた表現の
need toを用います。


need toの意味と使い方

一般動詞needの意味は「~を必要とする」で、
以下のように後ろに動詞の原形ではなく名詞
(目的語)を置きます。

He needs money.
「彼は、お金を必要としている。」

need は一般動詞なので、
主語が三人称単数の時は最後にsが付きます。

一般動詞needの後ろには目的語として、
以下のように、不定詞(to+動詞の原形)の
名詞的用法も置くこともできます。

He needs to pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

名詞的用法の意味は「~すること」なので、
この文のneed to payの部分を直訳すると
「払うことを必要する」となります。

これは、「払う必要がある」と同じ意味です。

よって、一般動詞のneedを用いたneed to ~ は
「~する必要がある」という意味になります。

このように、一般動詞のneedの後ろに
不定詞「to + 動詞の原形」を付けると
助動詞のneed「~する必要がある」
と同じ意味になります。

不定詞については、
以下のページで詳しく解説しています。

不定詞の解説


need toの否定文の作り方

一般動詞needを用いた文の否定文は、
一般動詞の否定文と同じようにdon't(doesn't)
を動詞の前に置いて動詞を原形にします。

よって、先ほどの肯定文を否定文に書き換えると
以下のようになります。

He doesn't need to pay money.
「彼は、お金を払う必要はない。」

そして、この文は以下のように
have to「~しなければならない」の否定
don't(doesn't) have to「~する必要はない」
と同じ意味になります。

He doesn't have to pay money.
「彼は、お金を払う必要はない。」


need toの疑問文の作り方

疑問文はDo(Does)を主語の前に置き、
動詞を原形に戻して文末にクエッション
マーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は
「~する必要がありますか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に
書き換えると以下のようになります。

Does he need to pay money?
「彼は、お金を払う必要がありますか。」

答え方はYesまたはNoとdoesを用い、
以下のようになります。

Yes, he does.
「はい、払う必要があります。」

No, he doesn't.
「いいえ、払う必要はありません。」

※一般動詞needの否定文と疑問文は、
 米口語のみで用いられます。

助動詞needと一般動詞needの違いへ

一般動詞+不定詞need toの練習問題

(1)He gets up early.を
  need to「~する必要がある」を
  用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

一般動詞+不定詞need toの問題の解答

(1)He needs to get up early.
  「彼は、早く起きる必要がある。」

(2)He doesn't need to get up early.
  「彼は、早く起きる必要がない。」

(3)Does he need to get up early?
  「彼は、早く起きる必要がありますか。」

英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ