比較級を使った慣用表現

比較級 and 比較級など、
比較級を使った慣用表現について
例文を用いて解説します。

以下に、よく用いられる慣用表現を
例文を用いて1つずつ解説していきます。


比較級を用いた慣用表現の例文

1.比較級 and 比較級
「ますます(だんだん)~」

It is getting colder and colder.
「だんだん寒くなってきている。」

この表現は「~になってきている」
という意味のIt is getting ~ との
組み合わせでよく用いられます。

「It is getting 比較級 and 比較級」で、
「だんだん~になってきている」という
意味になります。

2.The 比較級 ~ , the 比較級 …
「~すればするほど、ますます…」

The higher we climb, the colder it gets.
「高い所へ登れば登るほど、ますます寒くなる。」

The 比較級の後ろには、
「主語+動詞」からなる文が付きます。

また、The+比較級の部分が
主語になっている場合は主語は省略され、
動詞以降がThe+比較級の後ろに付きます。

3.no more than(only) ~「~しか」

I have no more than 5000 yen.
「私は、5000円しかもっていない。」

no more thanをonlyに置き換えて、
以下のように書くこともできます。

I have only 5000 yen.

4.no less than(as much[many] as) ~
「~も」

I have no less than 5000 yen.
「私は、5000円も持っている。」

no less than = as much[many] asなので、
上の文は以下のように書き換えることができます。

I have as much as 5000 yen.

同じ5000円でもno more thanだと
「それしかない」、no less thanだと
「そんなにもある」という意味になります。

the+最上級+in・ofへ

比較級を用いた慣用表現の練習問題

問題.以下の英文を日本語に訳しなさい。

(1)It is getting warmer and warmer.

(2)The highter we went, the colder the air became.

(3)He paid no more than 100 yen.

(4)He paid no less than 5000 yen.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

比較級を用いた慣用表現の問題の解答

(1)「だんだん暖かくなってきている。」

(2)「高いところへ行けば行くほど、空気は冷たくなった。」

(3)「彼は、100円しか払わなかった。」

(4)「彼は、5000円も払ってくれた。」

英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ