最上級を使った慣用表現

最上級を使った慣用表現について
例文を用いて解説します。

以下に最上級を用いた慣用表現の
形と意味を紹介します。


最上級の慣用表現の形と意味

1.make the best use of ~
「~を最もよく(最大限に)利用する」

Make the best use of this chance.
「このチャンスを最大限に利用しなさい。」

2.for the most part「大部分は」

I know that for the most part.
「私は、それについて大部分は分かっています。」

3.most of all「とりわけ」

Most of all, he is a liar.
「とりわけ、彼は嘘つきだということだ。」

4.at (the) least「すくなくとも」

There were at least 100 people in the room.
「その部屋には、少なくとも100人の人がいた。」

5.at (the) earliest「早くとも」

I will finish the work at noon at earliest.
「私がその仕事を終えるのは、早くても正午になるだろう。」

6.at last 「ついに」

At last, she became a singer.
「ついに、彼女は歌手になりました。」

7.do one's best「最善を尽くす」

Do your best.「最善をつくしなさい。」

比較級と最上級の不規則変化へ

最上級を用いた慣用表現の練習問題

問題.以下の英文を日本語に訳しなさい。

(1)He made the best use of his connection to succeed.
  ※succeed「成功する」

(2)At last, she passed the examination.

(3)I will do my best to win the match.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

最上級を用いた慣用表現の問題の解答

(1)「彼は、成功するため(彼の)コネを最大限に利用した。」

(2)「ついに、彼女はその試験に合格しました。」

(3)「私は、その試合に勝つために最善を尽くすつもりです。」

英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ