a most+形容詞の原級+名詞

a most+形容詞の原級+名詞について
例文を用いて解説します。

通常、difficultなどの長い
形容詞や副詞の最上級を作る時に
mostを形容詞や最上級の前に置きます。

そして、文中で最上級を用いる時は
以下のようにtheを最上級の前に置きます。

This is the most difficult English book of all.
「これは、全ての中で一番難しい英語の本です。」


a most+形容詞の原級+名詞

ところが、以下の例文ように
「a most + 形容詞の原級 + 名詞」
という形でmostが用いられる時は、
veryと同じ「とても」という意味になります。

This is a most difficult English book.
「これは、とても難しい英語の本です。」

この場合、English bookは
単数なのでmostの前にaが付きます。


most+名詞「ほとんどの~」

mostには、他に「ほとんどの」
という意味もあります。

Most people in our town joined the party.
「私達の町のほとんどの人々は、そのパーティーに参加した。」

最上級を勉強すると、
mostはいつも「一番~」という意味だと
勘違いしやすいので注意しましょう。

thanではなくtoを用いる比較へ

a most+形容詞の原級+名詞の練習問題

問題.以下の日本語の意味になるように
   mostを用いて英文を作りなさい。

(1)「彼は、とても親切な少年です。」

(2)「ほとんどの生徒が、昨日学校へ来ませんでした。」

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

a most+形容詞の原級+名詞の問題の解答

(1)He is a most kind boy.

(2)Most students didn't come to school yesterday.

英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ