前置詞の目的語は動名詞

前置詞の目的語は動名詞について解説します。

まずは動名詞の基本的な使い方を復習します。


動名詞の形と意味を復習

動名詞の形は「動詞のing形」、
意味は「~すること」です。

動名詞は名詞と同じように文中で
主語(Eating)、補語(collecting)、
目的語(watching)になります。

以下は、その例文です。

Eating vegitables is good for our health.
「野菜を食べることは、(私達の)健康によい。」

His hobby is collecting stamps.
「彼の趣味は、切手を集めることです。」

I like watching birds.
「私は、鳥を観察することが好きです。」

このように動詞を動名詞に変えると、
動詞が文中で主語、補語、目的語になる
名詞の役割を果たせるようになります。


不定詞の形と意味を復習

不定詞「to + 動詞の原形」の
名詞的用法「~すること」も、
名詞や動名詞と同じように文中で
主語、補語、目的語になります。

不定詞の名詞的用法については、
以下のページで詳しく解説しています。

不定詞の名詞的用法

よって、上の例文の動名詞の部分を
不定詞に変えても同じ意味になります。

・不定詞の名詞的用法が主語になる場合

To eat vegetables is good for our health.
「野菜を食べることは、健康によい。」

・不定詞の名詞的用法が補語になる場合

His hobby is to collect stamps.
「彼の趣味は、切手を集めることです。」

・不定詞の名詞的用法が目的語になる場合

I like to watch birds.
「私は、鳥を観察することが好きです。」


前置詞の目的語は動名詞だけ

しかし、不定詞の名詞的用法と動名詞が
全く同じように使われるなら動名詞は必要ありません。

よって、不定詞しか使えない場合、
動名詞しか使えない場合があります。

その1つが、前置詞の目的語になる場合です。

以下の例文をみてみましょう。

I am good at playing tennis.
「私は、テニスをすることが得意です。」

この文で、動名詞playing「~すること」は
be good at ~「~が得意です。」の目的語
(「何を」得意かを表している)になっています。

しかし、「~すること」という意味だからといって
以下のように不定詞のto playを用いることはできません。

×I am good at to play tennis.

それは、atという前置詞の後ろだからです。

前置詞の目的語(前置詞の後ろ)では、
動名詞しか用いることはできません。

be good atのように動詞の後に前置詞が置かれて、
1つの動作や状態を表す郡動詞の場合に注意が必要です。

be good atの他によく用いられ、
注意すべき郡動詞は以下の2つです。

1.look forward to ~「~を楽しみに待つ」

I am looking forward to meeting you.
「私は、あなたに会うことを楽しみにしています。」

look forward toのtoは前置詞なので、
後ろに動詞を起きたい場合は動名詞のみ
置くことができます。

不定詞の名詞的用法to meetも
「会うこと」という意味を持ちますが、
以下のように不定詞「to + 動詞の原形」を
置くことはできません。

×I am looking forward to to meet you.

また、look forward toの
toは不定詞のtoではないので、
以下のようにtoの後ろに動詞の原形を
置くことはできません。

×I am looking forward to meet you.

2.be used to ~「~に慣れている」

He is used to going abroad.
「彼は、外国に行くことに慣れています。」

be used toのtoは前置詞なので、
後ろに動詞を起きたい場合は動名詞のみ
置くことができます。

不定詞の名詞的用法to goも
「行くこと」という意味を持ちますが、
以下のように不定詞「to + 動詞の原形」を
置くことはできません。

×He is used to to go abroad.

また、be used toのtoは不定詞のtoではないので、
以下のようにtoの後ろに動詞の原形を置くことはできません。

×He is used to go abroad.

前置詞の目的語は動名詞のみで、
同じ「~すること」という意味でも不定詞を
用いることはできないので注意しましょう。

目的語に動名詞だけをとる動詞へ

前置詞+動名詞の練習問題

問題.以下の文で()内から適する語を選びなさい。

(1)She is good at (to cook, cooking).

(2)I'm looking forward to (go, to go, going) camping.

(3)He is used to (swim, swimming, to swim) in the river.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

前置詞+動名詞の問題の解答

(1)She is good at cooking.
  「彼女は、料理をすることが得意です。」

(2)I'm looking forward to going camping.
  「私は、キャンプに行くことを楽しみにしています。」

(3)He is used to swimming in the river.
  「彼は、川で泳ぐことに慣れている。」

英文法解説[動名詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ