動名詞の否定形

動名詞の否定形について
分かりやすく解説するために、
まずはthat節を用いた文を動名詞を用いる
文への書き換えを例文を用いて解説します。


that節と動名詞を用いた文の書き換え

まず、以下の文をみてみましょう。

I insisted that I would go there.
「私は、そこへ行くと主張した。」

insist that ~ は
「~を主張する」という意味で、
thatは接続詞なのでthatの後ろには節がきます。

※節は1つの「主語 + 動詞」の組からなる文です。

そして、insist that ~ は
insist on ~ とthatをonに変えても
「~を主張する」という意味になります。

ところが、onは前置詞なので通常
後ろに名詞が置かれ、動詞(動作)を置く
場合には動名詞に変える必要があります。

前置詞の目的語は動名詞については、
以下のページで詳しく解説しています。

前置詞の目的語は動名詞

よって、上の文をinsist onを用いて書き換えると、
以下のようにthat I would goの部分をon going
「前置詞 + 動名詞」の形にしなければなりません。

I insisted on going there.
「私は、そこへ行くと主張した。」

前置詞の後ろに助動詞を置くこともできないので、
wouldもとってしまいます。

また、go「行く」という動詞の主語I「私」は、
主節(I insisted)の主語(I)と同じなので省略します。


動名詞の否定形を用いた文の書き換え

次に、以下の文の書き換えを考えてみます。

I insisted that I wouldn't go there.
「私は、そこへ行かないと主張した。」

今度は、wouldn't go「行くかない」と
that節の中が否定文になっています。

この場合、insist onを用いた文に書き換える時、
goingに否定の意味を加えなければなりません。

動名詞を否定する時は、動名詞の直前にnotを置きます。

よって、上の文をinsist onを用いた文に書き換えると、
動名詞goingの前にnotを置いて以下のようになります。

I insisted on not going there.
「私は、そこへ行かないと主張した。」

動名詞の意味上の主語と動名詞の否定形が
組み合わさった以下の文のような形もあります。

I insisted that he shouldn't go there.
「私は、彼がそこへ行くべきではないと主張した。」

まず、insist onを用いると
goが動名詞のgoingになります。

また、前置詞onの後ろに助動詞
shouldは置けないためとります。

主節の主語がI、that節中の主語がhe
と異なるため、意味上の主語himまたは
hisを動名詞goingの前に置きます。

最後に、should not goと
動詞のgoが否定されているので、
動名詞に書き換えた時にgoingの
直前に否定を表すnotを置きます。

よって、書き換えた文は以下のようになります。

I insisted on him(his) not going there.
「私は、彼がそこへ行くべきではないと主張した。」

これは、動名詞の意味上の主語と
動名詞の否定形が組み合わさった形ですが、
否定語のnot(またはnever)は動名詞の直前に、
意味上の主語は否定語の前に置かれます。

notをneverに置き換えると「決して~ない」や、
「絶対に~ない」と強い否定になります。

I insisted on him(his) never going there.
「私は、彼が絶対にそこへ行くべきではないと主張した。」

動名詞の受動態へ

動名詞の否定形の練習問題

問題.以下の文を()内の表現を用いて書き換えなさい。

(1)He insisted that he wouldn't pay money.
  (insist on)

(2)I'm proud that I am not late for school.
  (be proud of)
 ※be late for ~ 「~に遅れる、~に遅刻する」

(3)She is afraid that we won't go with her.
  (be afraid of)
 ※won'tはwill not「~しない(でしょう)」の省略形です。

注)動名詞の意味上の主語や否定形との組み合わせもあります。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

動名詞の否定形の問題の解答

(1)He insisted on not paying money.
  「彼は、お金を払わないと主張した。」

(2)I'm proud of not being late for school.
  「私は、学校に遅刻しないことを誇りに思っている。」

(3)She is afraid of us(our) not going with her.
  「彼女は、私達が彼女と一緒に行かないことを恐れている。」

※動名詞の否定not goingの前に、
 意味上の主語us(our)も必要です。

英文法解説[動名詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ