動名詞の慣用表現

動名詞の慣用表現について解説します。

慣用表現は動名詞を含む熟語表現で、
よく用いられるものは11個あります。

以下に動名詞の慣用表現を例文を用いて
形と意味、覚え方を解説していきます。


動名詞の慣用表現の形と意味

1.feel like ~ing
 「~したい気がする、~したい気分だ」

I feel like eating sweets.
「(私は、)甘いものが食べたい気分だ。」

feel likeの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

2.There is no ~ing
 「~することはできない」

There is no telling the truth.
「本当のことを言うことはできない。」

文はThere is noで始まり、
noの後ろに動名詞を置きます。

この文は、形式主語itを用いた
「It is … to ~ 」構文と同じ意味になります。

It is impossible to tell the truth.
「本当のことを言うことはできない。」

impossibleは「不可能な」という意味なので、
この文を直訳すると「本当のことを言うことは不可能だ。」
となりますが不自然なため上のように言い換えます。

形式主語itを用いた文については
以下のページで詳しく解説しています。

形式主語itを用いた文

3.be worth ~ing「~する価値がある」

This book is worth reading.
「この本は読む価値がある。」

be worthの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

be動詞は主語と時制により
is, am, are, was, were, will beに変わります。

4.cannot help ~ing「~せずにはいられない」

I cannot help drinking something.
「(私は、)何か飲まずにはいられない。」

cannot helpの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

この文は、以下のように「cannot but + 動詞の原形」
という助動詞canの慣用表現と同じ意味になります。

I cannot but drink something.
「(私は、)何か飲まずにはいられない。」

cannot helpの後ろには動名詞、
cannot butの後ろには動詞の原形がきます。

5.It is no use ~ing「~しても無駄だ」

It is no use crying in front of me.
「私の前で泣いても無駄です。」

It is no useの後ろに動名詞を置きます。

6.Would(Do) you mind ~ing ?
 「~してくれませんか」

Would you mind closing the door?
「そのドアを閉めてくれませんか。」

Would(Do) you mindの後ろに動名詞を置き、
文全体は疑問文になります。

7.cannot(never) … without ~ing
 「…すれば必ず~する」

I never see this picture without remembering my parents.
「私は、この写真を見ると必ず両親のことを思い出します。」

cannot(never)の後ろには動詞の原形、
withoutの後ろに動名詞を置きます。

neverは「決して~ない」、
withoutは「~なしで、~しないで」という意味なので、
上の文の直訳すると以下のようになります。

「私は、両親を思い出さずにこの写真を見ることはない。」

しかし、この日本語は少し不自然なため
「…すれば~する」と言い換えます。

この慣用表現では、neverの代わりに
cannotを用いることもできます。

8.on ~ing「~するとすぐに」

On seeing me, he ran away.
「私を見るとすぐに、彼は逃げた。」

前置詞onの後ろに動名詞を置きます。

また、上の文は接続詞
as soon as「~するとすぐに」を用いて
以下のように書き換えることができます。

As soon as he saw me, he ran away.

as soon asは接続詞なので後ろに節がきます。

9.in ~ing「~する時、~する場合」

In hearing it, she was glad.
「それを聞いた時、彼女は喜んだ。」

前置詞inの後ろに動名詞を置きます。

また、上の文は接続詞when「~する時」を用いて
以下のように書き換えることができます。

When she heard it, she was glad.

whenは接続詞なので後ろに節がきます。

10.be busy (in) ~ing「~するのに忙しい」

She is busy (in) cooking dinner.
「彼女は、夕食を作るのに忙しい。」

be busyの後ろに動名詞を置きます。

busyと動名詞の間に前置詞inが置かれることもあります。

be動詞は主語と時制により
is, am, are, was, were, will beに変わります。

11.need ~ing「~する(される)必要がある」

This car needs reparing.
「この車は、修理する必要がある。」

needの後ろに動名詞を置きます。

動名詞が受動態の形になっていませんが、
「~される必要がある」と受動態の意味
「~される」を持ちます。

この例文でも日本語訳は「車は修理する~」
と能動態のようになっていますが、厳密には
「車は修理される」と受身の関係になっています。


動名詞の慣用表現の覚え方

音読すると黙読の時と比べて学習効果が
5倍から10倍に上がることが分かっています。

また、脳は複数の情報を関連づけて入れると
記憶しやすいので、紹介した例文を繰り返し
音読して言う練習をすると早く覚えられます。

分詞の形と意味へ

動名詞の慣用表現の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I feel like going shopping.

(2)There is no going to the party.

(3)This house is worth buying.

(4)I cannot help eating sweets.

(5)It is no use going there now.

(6)Would you mind helping me?

(7)I cannot meet him without quarrelling.
 ※quarrellingはquarrel「口論をする」の動名詞です。

(8)On getting home, I took a bath.

(9)In meeting her, he told her the truth.

(10)They were busy cleaning the room.

(11)This room needs cleaning.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

動名詞の慣用表現の問題の解答

(1)「(私は、)買い物に行きたい気分です。」

(2)「そのパーティーに行くことはできません。」

(3)「この家は、購入する(買う)価値がある。」

(4)「(私は、)甘いものを食べずにはいられない。」

(5)「今そこへ行っても無駄です。」

(6)「私を手伝ってくれませんか。」

(7)「私は、彼に会うと必ず口論になる。」

(8)「家に帰るとすぐに、私はお風呂に入った。」

(9)「彼女に会った時、彼は彼女に本当のことを言った。」

(10)「彼らは、その部屋を掃除するのに忙しかった。」

(11)「この部屋は、掃除する必要がある。」

英文法解説[動名詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ