不定詞の3用法とは?

不定詞の3用法の意味と見分け方
について例文を用いて解説します。


不定詞の形と意味

不定詞の形は「to + 動詞の原形」です。

そして、不定詞の主な意味は以下の3つです。

1.名詞的用法「~すること」
2.形容詞的用法「~するための・~すべき」
3.副詞的用法「~ために・~して」

これは不定詞の3用法と呼ばれ、
不定詞は形が1つで意味が3つもあるため
英語の中でも理解しにくい文法の1つです。


3用法の意味と見分け方

不定詞の3用法の見分け方ですが、
意味と役割から見分けることができるので
以下に例文を用いて解説します。

1.名詞的用法の意味と見分け方

To play tennis is fun.
「テニスをすることは、楽しいです。」

playは「~をする」という意味ですが、
To playと不定詞にすると「~をすること」
という意味になります。

playという動詞は主語になれませんが、
to playと不定詞の名詞的用法を用いると
上の例文のように主語になることができます。

そして、以下のように補語にもなります。

My hobby is to play tennis.
「私の趣味は、テニスをすることです。」

また、以下のように目的語にもなります。

I like to play tennis.
「私は、テニスをすることが好きです。」

このように、不定詞の名詞的用法は
「~すること」という意味で文中で
主語、補語、目的語になります。

2.形容詞的用法の意味と見分け方

以下の例文でto sit「座るための」は、
chair「椅子」という名詞を修飾しています。

There is a chair to sit here.
「ここに、座るための椅子があります。」

big「大きい」という形容詞がchairという
名詞を修飾する(big chair)と同じように
不定詞の形容詞的用法は名詞を修飾します。

このように、形容詞的方法は「~するための」
という意味で後ろから名詞を修飾します。

3.副詞的用法の意味と見分け方

以下の例文のto play「遊ぶために」は
なぜ(公園に)行ったのかを説明しており、
動詞のwentを修飾しています。

He went to the park to play.
「彼は、遊ぶためにその公園へ行った。」

副詞的用法は「~するために」という意味で
文中で動詞、形容詞、副詞を修飾するという
副詞と同じ役割をします。

不定詞の名詞的用法、形容詞的用法、
副詞的用法について次のページから
1つずつさらに詳しく解説します。

不定詞の名詞的用法へ

不定詞の3用法の練習問題

問題.以下の不定詞を用いた文を日本語に訳しなさい。

(1)To study English is interesting.
   [名詞的用法]

(2)I bought a book to read on the train.
   [形容詞的用法]

(3)He went to England to study English.
   [副詞的用法]

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

不定詞の3用法の問題の解答

(1)「英語を勉強することは、面白いです。」

(2)「私は、電車で読む(ための)本を買いました。」

(3)「彼は、英語を勉強するためにイングランドへ行きました。」

英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ