形式目的語it+不定詞の構文

形式目的語itを用いた構文と
形式目的語をとる動詞について
例文を用いて解説します。


目的語の復習

目的語とは動詞(動作)の目的を表し、
文中で動詞の後ろに置かれて日本語で
「~を」や「~に」にあたるものです。

例えば以下の文でa bookは
found「見つけた」に対して「何を」にあたり、
foundの目的語となっています。

I found a book.「私は、本を見つけた。」

foundはfind「見つける」
「気づく」の過去形ですが、
以下のようにfindは「OがCだと気づく」
という文も作ります。

I found the English book easy.
「私は、その英語の本が簡単だと気づいた。」

この文でthe English bookは目的語で、
easyはthe English bookという目的語を
説明する補語(目的格補語)です。

目的格補語については、
以下のページで詳しく解説しています。

第5文型[SVOC]


形式目的語を用いた例文

そして、以下のようにこの文の形で
目的語に不定詞が置かれることがあります。

I found to read the English book easy.
「私は、その英語の本を読むことが簡単だと気づいた。」

この文では目的語to read the English bookが長く、
easy「簡単な」という結論が最後に置かれています。

形式主語itのところでも解説しましたが、
英語はeasyという結論をできるだけ先に述べる
構造をとるため形式目的語のitを用います。

よって、to read the English bookを
形式目的語のitに置き換え、以下のように
本当の目的語(真目的語)は文末に付けます。

I found it easy to read the English book.
「私は、その英語の本を読むことが簡単だと気づいた。」

意味は同じです。


形式目的語をとる動詞と例文

形式目的語の文は、
形式主語の文より見慣れていないためを
最初は難しいと感じるかもしれません。

しかし、形式目的語itを用いる文を作る動詞は
以下のfind、think、makeを覚えておけば大丈夫で、
熟語のように覚えてしまいましょう。

1.S find it C to ~
「Sは、~することがCだと気づく」

I found it dangerous to swim in this river.
「私は、この川で泳ぐことが危険だと気づいた。」

2.S think it C to ~
「Sは、~することがCだと思う」

I think it difficult to write a letter in English.
「私は、英語で手紙を書くことが難しいと思います。」

3.S make it C to ~
「Sは、~することをCとする」

I make it a rule to get up early.
「私は、早起きをすることをルールとします。」
→「私は、早起きをするようにしています。」

不定詞の進行形へ

形式目的語itを用いた構文の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)They found it impossible to master English for a month.
  ※impossble「不可能な」、master「マスターする」

(2)We thought it fun to go snowboarding together.
  ※fun「楽しい」、go snowboarding「スノーボードに行く」

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

形式目的語it+を用いた構文の問題の解答

(1)「彼らは、1ヶ月で英語をマスターすることが不可能だと気づいた。」

(2)「私達は、一緒にスノーボードに行くことが楽しいと思いました。」

英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ