too ~ to … 構文

不定詞を用いた表現の一つ、
too to構文の肯定文と否定文の意味、
意味上の主語やso thatとの書き換え
について例文を用いて解説します。


too to構文の意味

too ~ to … 構文の意味は、
「あまりに(大変)~なので
…できない」です。


too to構文の例文

使い方はtooの後ろには形容詞や副詞、
toの後ろには動詞の原形を置きます。

実際にtoo ~ to … 構文を用いた
以下の例文をみてみましょう。

too+形容詞+to不定詞の例文

I am too tired to walk.
「私は、大変疲れているので歩けません。」

この文はtooの後ろにtired
「疲れている」という形容詞を置き、
too tiredで「大変疲れているので」
という意味になります。

そして、toの後ろに動詞の原形
walkを置いて不定詞to walkの部分は、
「歩けません」という意味になります。

もう一つ、以下の例文をみてみましょう。

The box was too heavy to carry.
「その箱は、あまりに重くて運べなかった。」

この文はtooの後ろにheavy「重い」
という形容詞を置いてtoo heavyで、
「あまりに重くて」という意味にます。

そして、toの後ろに動詞の原形
carryを置いて不定詞to carryの部分は、
「運べなかった」という意味にます。

too+副詞+to不定詞の例文

以下は、tooの後ろが副詞の例文です。

He speaks too fast to understand.
「彼は、あまりに速く話すので理解できない。」

この文はtooの後ろに「速く」
という意味の副詞fastを置いて、
too fastで「あまりに速く話すので」
という意味にます。

副詞は動詞を修飾するので、
例文のfastは「速く」→「話す」と
動詞のspeakを修飾しています。


too to構文の否定

too to構文に否定のnotを付けて
not too ~ to … という形にすると、
「…ないほど~ではない」という
意味になります。

上の1つ目の例文を否定文にすると、
以下のような形と意味になります。

I am not too tired to walk.
「私は、歩けないほど疲れていません。」

次に、2つ目と3つ目の例文に
意味上の主語を付けてみます。


too to構文の意味上の主語

以下の2つ目のtoo ~ to … 構文では、
その箱を運べないのは誰か分かりません。

The box was too heavy to carry.
「その箱は、あまりに重くて運べなかった。」

誰にとって運べないのかという
to carryの動作主を表したい場合は、
不定詞の意味上の主語を用います。

不定詞の意味上の主語は、
「for+名詞(代名詞は目的格)」を
不定詞のtoの前に置いて表します。

例えば、「ケンにとって」
重すぎて運べないのであれば、
以下のように不定詞to carryの前に
for Kenとfor+名詞を付けます。

The box was too heavy for Ken to carry.
「その箱は、あまりに重くてケンには運べなかった。」

to carryの前にfor Kenを付けることで、
運べないのはケンということを表します。

今度は、以下の例文に「私にとって」
という意味上の主語を付けます。

He speaks too fast to understand.
「彼は、あまりに速く話すので理解できない。」

この場合は、to understandという
不定詞の前にfor me(for+代名詞)という
意味上の主語を付けて以下のようになります。

He speaks too fast for me to understand.
「彼は、あまりに速く話すので私には理解できない。」

to understandの前にfor meを付けることで、
理解できないのは私ということを表します。


too toとso thatの書き換え

too to構文はso that構文に
書き換えることができます。

例えば、以下のtoo to構文を

The box was too heavy to carry.
「その箱は、あまりに重くて運べなかった。」

so that構文に書き換えると、
以下のようになります。

The box was so heavy that I couldn't carry it.
「その箱は、あまりに重くて運べなかった。」

heavyの前のtooをsoに変えて、
不定詞to carryをthat I couldn't carry it
「私はそれを運べなかった」という文に
書き換えます。

不定詞を作るので
toの後ろには動詞の原形がきて、
thatは接続詞なので後ろに文がきます。

~ enough to … 構文へ

too ~ to … 構文の練習問題

問題1.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I was too busy to go with you.

(2)This book is too difficult for him to read.

問題2.問題1の(1)と(2)の文をそれぞれ
    否定文にして日本語に訳しなさい。

(3)I was too busy to go with you.

(4)This book is too difficult for him to read.

答えはこのページの下にあります。

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

sponsored link

too ~ to … 構文の問題の解答

(1)「私は大変忙しかったので、
   あなたと一緒に行けませんでした。」

(2)「この本はあまりに難しくて、
   彼には読むことができません。」

(3)I was not too busy to go with you.
  「私は、あなたと一緒に行けないほど
   忙しくはなかった。」

(4)This book is not too difficult for him to read.
  「この本は、彼が読めないほど難しくはない。」

英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ