分詞の形容詞的用法

名詞を修飾する分詞の形容詞的用法の
前から修飾する場合と後ろから修飾する
場合について例文を用いて解説します。


分詞の形容詞的用法とは

形容詞的用法とは形容詞と同じように、
「~している」という意味の現在分詞や
「~された」という意味の過去分詞が、
名詞を修飾する使い方のことです。

以下の文では形容詞tall「背が高い」が、
後ろの名詞boy「少年」を修飾しています。

There is a tall boy.
「背の高い少年がいます。」

この文のtallと同じように、
現在分詞と過去分詞も名詞を修飾します。


現在分詞の形容詞的用法

現在分詞は名詞を修飾しますが、
上の例文でtallを現在分詞sleeping
「眠っている」に変えた以下の文では
現在分詞のsleepingがboyという
名詞を修飾しています。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」


過去分詞の形容詞的用法

次に、以下は過去分詞を用いた例文です。

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

この文で過去分詞broken「壊された」は、
watchという名詞を修飾しています。

過去分詞は「~された」という意味を持つので、
上の文は直訳すると「壊された時計があります。」
となります。

ところが、「壊された時計」より「壊れた時計」
のほうが自然なので上の文のように言い換えます。


現在分詞と過去分詞の使い分け

では、どのような時に現在分詞を用い、
どのような時に過去分詞を用いて名詞を
修飾するのかについて解説します。

それは、分詞の元になる動詞と
修飾される名詞の関係です。

例えば、以下の文で、「少年(boy)」は
「眠っている(sleeping)」というように
少年と眠るの間には能動の関係が成り立ちます。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

よって、この場合には「~している」という
意味を持つ現在分詞sleepingを用いてboyを修飾します。

これに対して以下の文では、
「時計(watch)」は「壊された(broken)」と、
時計と壊すの間には受け身の関係が成り立ちます。

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

よって、この場合には「~された」という
意味を持つ過去分詞brokenを用いてwatchを修飾します。

動詞と修飾される名詞が能動の関係なら現在分詞、
受け身の関係なら過去分詞を用いて名詞を修飾します。


分詞1語なら前から名詞を修飾

分詞1語なら通常の形容詞と同じように
名詞の前に置いて名詞を修飾します。

以下の例文のsleepingやbrokenのように、
分詞1語だと名詞の前に置きます。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

以下では、分詞を名詞の後ろに置いて
名詞を修飾する場合について解説します。


分詞が後ろから名詞を修飾する場合

通常の形容詞は「何か」という意味の
something(anything)を修飾する時は、
something(anything) cold「冷たい物(何か)」
というように形容詞が名詞の後ろに置かれます。

分詞の場合は他の語とセットになって
名詞を修飾する場合、以下の例文のように
分詞を名詞の後ろに置きます。

There is a boy sleeping in a bed.
「ベット寝ている少年がいます。」

There is a watch broken by Ken.
「ケンによって壊された時計があります。」

sleeping in a bed「ベットで寝ている」や
broken by Ken「ケンによって壊された」と
分詞が他の語とセットで名詞を修飾しています。

このように分詞を含め2語以上セットで
(句になって)名詞を修飾する場合には、
名詞の後ろに分詞が置かれます。

置く位置に関係なく修飾している名詞との
関係が能動「~している」の場合は現在分詞、
受け身「~された」なら過去分詞を用います。

分詞の叙述用法(主格補語)へ

分詞の形容詞的用法の練習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)There is a (run) boy.
  ※There is ~「~がいる」

(2)The (close) box is on the table.

(3)The girl (swim) in the pool is my sister.

(4)The CD (buy) by him is on the table.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

分詞の形容詞的用法の問題の解説

(1)There is a running boy.
  「走っている少年がいます。」

(2)The closed box is on the table.
  「閉められた箱が、テーブルの上にある。」

(3)The girl swimming in the pool is my sister.
  「プールで泳いでいる少女は、私の妹です。」

(4)The CD bought by him is on the table.
  「彼によって購入されたCDは、そのテーブルの上にあります。」

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ