分詞の叙述用法(目的格補語)

分詞の叙述用法(目的格補語)
について例文を用いて解説します。

まず、目的格補語について解説します。


目的格補語とは

目的格補語とは目的語を説明する言葉です。

以下の例文をみてみましょう。

I found him smart.
「私は、彼が頭がいいということに気づいた。」

この文はSVOCの第5文型でIは主語、
foundは動詞、himは目的語、smart「頭がいい」は
目的語のhim「彼」を説明している補語です。

第5文型については、
以下のページで詳しく解説しています。

第5文型[SVOC]

この文で、him=smartと考えることができます。

そして、この文中の補語smartは目的語himを
説明している補語なので目的格補語と呼ばれます。

現在分詞や過去分詞も上の文のsmartのように、
目的格補語として用いることができます。


現在分詞の叙述用法

以下の現在分詞を用いた
例文をみてみましょう。

I saw him playing tennis.
「私は、彼がテニスをしているのを見た。」

この文の現在分詞playing「している」は
私が彼を見た時に彼がテニスを「していた」ことを表し、
him=playing(彼=していた)という関係が成り立ち、
playingは目的語himを説明している目的格補語です。

そして、この場合、現在分詞は
「~している」という意味になります。


過去分詞の叙述用法

次に、過去分詞を用いた例文をみてみましょう。

I saw him surrounded by dogs.
「彼は、彼が犬に囲まれているのを見た。」

この文の過去分詞surrounded「囲まれた」は、
私が彼を見た時に彼が犬に「囲まれていた」ことを表し、
him=surrounded(彼=囲まれていた)の関係が成り立ち、
surroundedは目的語himを説明している目的格補語です。

そして、この場合過去分詞は
「~されている」という意味になります。

目的格補語の部分に現在分詞と
過去分詞のどちらを用いるかは、
目的語と補語になる動詞(分詞になる動詞)
の関係で決まります。

目的語と補語になる動詞の関係が
「~している」と能動の関係の場合は現在分詞、
「~されている」と受身(受動)の関係の場合は
過去分詞を用います。

ここでは、例文にsee「見る」
という動詞を用いて解説しましたが、
目的格補語に分詞を動詞を取る動詞は
限られています。

それらの動詞については以下で解説します。

知覚動詞の目的格補語になる分詞へ

使役動詞の目的格補語になる分詞へ

分詞の叙述用法(目的格補語)の練習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)I saw her (run) in the park.

(2)I saw her (call) by our teacher.

※目的語のher「彼女」と()内の動詞の関係を考えます。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

分詞の叙述用法(目的格補語)の問題の解答

(1)I saw her running in the park.
  「私は、彼女が公園の中を走っているのを見た。」

目的語herと動詞runが「彼女=走っている」という
能動の関係なので現在分詞のrunningになります。

(2)I saw her called by our teacher.
  「私は、彼女が先生に呼ばれているのを見た。」

目的語herと動詞callが「彼女=呼ばれている」という
受身の関係なので過去分詞のcalledになります。

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ