知覚動詞の目的格補語になる分詞

知覚動詞の目的格補語になる分詞
について例文を用いて解説します。

まず、目的格補語について復習しましょう。


目的格補語の復習

目的格補語とは目的語を説明する言葉です。

I think him smart.
「私は、彼が頭がいいと思います。」

という文で、smart「頭がいい」は
目的語であるhim「彼」を説明しています。

この文ではhim=smartと考えることができ、
smartは目的語himを説明している補語なので
目的格補語と呼ばれます。


知覚動詞+O+現在分詞

現在分詞や過去分詞が目的格補語になり、
目的格補語に分詞を置くことができる動詞には
seeやhearなどの知覚動詞があります。

そして、以下に目的格補語に現在分詞を
置く場合の例文を紹介します。

・see + O + 現在分詞「Oが~しているのを見る」

I saw him playing tennis.
「私は、彼がテニスをしているのを見た。」

この文の現在分詞playing「している」は
私が彼を見た時に彼がテニスを「していた」ことを表し、
him=playing(彼=していた)という関係が成り立ち、
現在分詞playingは目的語himを説明している目的格補語です。

・hear + O + 現在分詞「Oが~しているのを聞く」

I heard her singing the song.
「私は、彼女がその歌を歌っているのを聞いた。」

この文の現在分詞singing「歌っている」は
私が彼女を見た時に彼女が歌を「歌っていた」ことを表し、
her=singing(彼=歌っていた)という関係が成り立ち、
現在分詞singingは目的語herを説明している目的格補語です。


知覚動詞+O+過去分詞

以下では知覚動詞の後ろの目的格補語に、
過去分詞を用いた例文を紹介します。

・see + O + 過去分詞「Oが~されているのを見る」

I saw him surrounded by dogs.
「彼は、彼が犬に囲まれているのを見た。」

この文の過去分詞surrounded「囲まれた」は
私が彼を見た時に彼が犬に「囲まれていた」ことを表し、
him=surrounded(彼=囲まれていた)という関係が成り立ち、
過去分詞surroundedは目的語himを説明している目的格補語です。

・hear + O + 過去分詞「Oが~されるのを聞く」

I heard the door opened.
「私は、そのドアが開けられるのを(音を)聞いた。」

この文の過去分詞openedは
ドアが「開けられた」ことを表しており、
door=opened(ドア=開けられていた)の関係が成り立ち、
過去分詞を用いて「~されている」という意味になります。

使役動詞の目的格補語になる分詞へ

sponsored link

知覚動詞の目的格補語になる分詞の練習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)I saw him (cross) the street.

(2)I saw him (scold) by a teacher.
  ※scold「叱る」

(3)I saw the door (open).

(4)I saw her (clean) the room.

(5)I heard my name (call).

※目的語のhim、the door、her、my nameと
()内の動詞の関係を考えます。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

知覚動詞の目的格補語になる分詞の問題の解答

(1)I saw him crossing the street.
  「私は、彼が通りを横切っているのを見た。」

この文の現在分詞crossing「横切っている」は
私が彼を見た時に彼が通りを「横切っていた」ことを表し、
him=crossing(彼=横切っていた)という関係が成り立ち、
現在分詞crossingは目的語himを説明している目的格補語です。

(2)I saw him scolded by a teacher.
  「私は、彼が先生に叱られているのを見た。」

この文の過去分詞scolded「叱られていた」は、
私が彼を見た時に彼が先生に「叱られていた」ことを表し、
him=scolded(彼=叱られていた)という関係が成り立ち、
過去分詞scoldedは目的語himを説明している目的格補語です。

(3)I saw the door opened.
  「私は、そのドアが開けられているのを見た。」

この文の過去分詞opened「開けられている」は、
私がドアを見た時にドアが「開けられていた」ことを表し、
door=opened(ドア=開けられていた)という関係が成り立ち、
この場合過去分詞は「~されている」という意味になります。

この文の状況では過去分詞を「~されている」と訳さず、
「私は、ドアが開いているのを見た。」でも問題ありません。

(4)I saw her cleaning the room.
  「私は、彼女が部屋を掃除しているのを見た。」

(5)I heard my name called.
  「私は、私の名前が呼ばれるのを聞いた。」

(4)は「彼女=掃除している」という
関係が成り立つので現在分詞になり、
(5)は「私の名前=呼ばれている」という
関係が成り立つので過去分詞になります。

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ