使役動詞の目的格補語になる分詞

使役動詞の目的格補語になる分詞
について例文を用いて解説します。

まず、目的格補語について復習しましょう。


目的格補語の復習

目的格補語とは目的語を説明する言葉です。

I found him stubborn.
「私は、彼が頑固だと気づきました。」

という文で、stubborn「頑固な」は
目的語であるhim「彼」を説明しています。

この文ではhim=stubbornと考えることができ、
stubbornは目的語himを説明している補語なので
目的格補語と呼ばれます。


使役動詞+O+現在分詞

現在分詞や過去分詞が目的格補語になり、
目的格補語に分詞を置くことができる動詞には
haveやgetなどの使役動詞があります。

そして、使役動詞の後ろの目的格補語に
現在分詞を置く場合の例文を紹介します。

・have + O + 現在分詞
「Oを(ある状態に)して[させて]おく」

I had my son watching TV.
「私は、息子にテレビを観させておいた。」

現在分詞watchingは本来
「観ている」という意味なので、
この文の直訳は「私は、息子をテレビを
観ている状態にしておいた。」ですが、
「私は、息子にテレビを観させておいた。」
のほうが日本語として自然です。

この文ではmy son=watching(息子=観ていた)
という関係が成り立っています。


使役動詞+O+過去分詞

以下では使役動詞の後ろの目的格補語に、
過去分詞を用いた例文を紹介します。

・have[get] + O + 過去分詞
「Oを~される、Oを~してもらう」

I had my car stolen.
「私は、車を盗まれた。」

car=stolen(車=盗まれた)という関係が成り立ち、
過去分詞stolenは「盗まれる」という意味なので
had my car stolenで「車を盗まれた。」となります。

have[get]の後ろに過去分詞がくる場合には、
以下のように「Oを~してもらう」という意味に
なることもあります。

I had my car washed.
「私は、車を洗ってもらった。」

my car=washed(車=洗われた)
という関係が成り立っているので
過去分詞washed「洗われる」を用います。

この文の直訳は「私は、車を洗われた。」ですが、
「私は、車を洗ってもらった。」のほうが自然です。


keep[leave]+O+分詞

使役動詞ではないですが、
keepとleaveも現在分詞と過去分詞を
目的格補語にとります。

・keep[leave] O + 現在分詞
「Oを(ある状態に)しておく」

He kept me waiting.
「彼は、私を待たせた。」

現在分詞wiatingは本来
「待っている」という意味なのでこの文を直訳は
「彼は、私を待っている状態に保った。」ですが、
不自然なため「彼は、私を待たせた。」とします。

この文でもme=waiting(私=待っていた)
という関係が成り立っています。

現在分詞を用いる場合、
目的語と現在分詞の関係は
「目的語=~している[た]」と
能動の関係になっており、
現在分詞の意味は「~している」となります。

使役動詞のhaveやkeep[leave]の後ろに
現在分詞がくる時は「している」と訳しません。

・keep[leave] + O + 過去分詞
「Oを~されたままにしておく」

He kept the window opened.
「彼は、窓を開けたままにしておいた。」

window=opened(窓=開けられていた)
という関係が成り立っているので
過去分詞opened「開けられている」を用います。

この文の直訳は
「彼は、窓を開けられたままにしておいた。」ですが、
「彼は、窓を開けたままにしておいた。」のほうが自然です。

使役動詞のhaveやkeep[leave]の後ろに
過去分詞がくる場合は、「~されている」と
訳さないことがよくあります。

go ~ing形(現在分詞)へ

使役動詞の目的格補語になる分詞の練習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)I had her (clean) the room.

(2)I kept her (sleep).

(3)He had his car (repair).
  ※repair「修理する」

(4)He left the door (close).

※目的語のher、his car、the doorと
()内の動詞の関係を考えます。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

脳の特性に沿った英会話習得法

(1)I had her cleaning the room.
  「私は、彼女に部屋を掃除させておいた。」

(2)I kept her sleeping.
  「私は、彼女を眠らせておいた。」

共に現在分詞を「している」と訳しませんが、
「彼女=掃除している」「彼女=眠っている」
という関係が成り立つので現在分詞を用います。

(3)He had his car repaired.
  「彼は、車を修理してもらった。」

(4)He left the door closed.
  「彼は、ドアを閉めたままにしておいた。」

共に過去分詞を「されている」と訳しませんが、
「車=修理される」「ドア=閉められている」という
受身の関係が成り立つので過去分詞を用います。

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ