with+名詞+分詞

付帯状況を表with+名詞+分詞
について例文を用いて解説します。


with+名詞+分詞の意味

with+名詞+現在分詞は「~しながら」、
with+名詞+過去分詞は「~させながら」
という意味になります。


with+名詞+分詞の使い方

まず、以下の例文をみてみましょう。

He was standing with his eyes shining.
「彼は、目を輝かせて立っていました。」

この文のwith his eyes shiningの部分は、
直訳すると「目を輝かせながら」となりますが、
「目を輝かせて」とした方が日本語として自然です。

また、withの後ろのhis eyesは
「(嬉しくて自然に)輝いている」ので、
his eyesとshineは能動の関係と考えられ
shineは現在分詞shiningになります。

目は何かによって輝かされるものではなく、
喜んだりすると自然に輝きますよね。

少女漫画のような感じだと思ってください(^_^)


with+名詞+分詞の使い方

次に、以下の例文をみてみましょう。

He was standing with his eyes closed.
「彼は、目を閉じて立っていました。」

この文のwith his eyes closedの部分は、
直訳すると「目を閉じさせながら」となりますが、
「目を閉じて」とした方が日本語的に自然です。

また、withの後ろのhis eyesは
「(人の意思によって)閉じられている」ので、
his eyesとcloseは受動の関係と考えられ
closeは過去分詞closedになります。

人間の目は、まばたき以外は
人の意志によって閉じられます。

このように、withの後ろの
名詞と分詞の元になる動詞の関係が、
能動なら現在分詞を、受身(受動)なら
過去分詞を用います。

また、現在分詞を「~している」、
過去分詞を「~された」と訳さない
ことが多いので注意しましょう。

the+分詞へ

with+名詞+分詞の練習問題

問題.()内の単語を適する形に書き換えなさい。

(1)She was cooking with water(run).
  ※run「(水などが)流れる」

(2)He was standing with his arms(fold).
  ※fold「(腕などを)組む」は規則動詞です。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

with+名詞+分詞の問題の解答

(1)She was cooking with water running.
  「彼女は、水を出しっぱなしにしたまま料理していました。」

※水は蛇口から自然に流れているので、
 現在分詞runningになります。

(2)He was standing with his arms folded.
  「彼は、腕を組んで立っていました。」

※腕は人の意志によって組まれるので、
 過去分詞foldedになります。

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ