分詞の副詞的用法

形容詞を修飾する分詞の副詞的用法
について例文を用いて解説します。

まず、副詞の役割を確認します。


副詞の役割とは

形容詞を修飾する品詞は副詞です。

まず、以下の例文をみてみましょう。

It's very hot.「とても暑い。」

It's very cold.「とても寒い。」

これらの文のveryは副詞ですが、
文中の形容詞hotやcoldを修飾しています。

現在分詞や過去分詞は、
この副詞veryのように形容詞を修飾します。


形容詞を修飾する分詞

次に、以下の例文をみてみましょう。

It's burning hot.「焼けつくように暑い。」

It's freezing cold.「凍りつくように寒い。」

現在分詞burning「燃えている」と
freezing「凍っている」は、それぞれ
形容詞のhotとcoldを強め修飾しています。

ただ、「燃えている暑い」や
「凍っている寒い」では不自然なので、
burningは「焼けつくように」、
freezingは「凍りつくように」と訳します。

これは単語と意味を暗記しておく必要があり、
形容詞を修飾する分詞は少ないので覚えておきましょう。

補足ですが、副詞は形容詞の他に
動詞や副詞自身も修飾するという
ことについて解説しておきます。

He runs fast.「彼は、速く走る。」
という文のfast「速く」は、速く→走る
というように動詞runsを修飾しています。

He runs very fast.
「彼は、とても速く走る。」のvery「とても」は、
とても→速くというように副詞fastを修飾しています。

このように、副詞は動詞、形容詞、副詞を修飾します。

副詞が動詞と形容詞を修飾するということは
不定詞などを学習する時にも必要になるので、
覚えておきましょう。

分詞構文の作り方へ

分詞の副詞的用法の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)It will be roasting hot tomorrow.
  ※roasting「焼けつくような」

(2)It was biting cold last Sunday.
  ※biting「身を切るような、痛烈な」

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

分詞の副詞的用法の問題の解答

(1)「明日は、焼けつくような暑さになるだろう。」

(2)「先週の日曜日は、身を切るような寒さでした。」

(1)のroastingは形容詞hotを、
(2)のbitingは形容詞coldを修飾しています。

英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ