分詞構文の慣用表現(独立分詞構文)

分詞構文の慣用表現について解説します。


主な分詞構文の慣用表現

よく用いられる分詞構文の慣用表現には、
以下のようなものがあります。

talking of ~ 「~と言えば」

concerning ~ 「~に関して」

according to ~ 「~によれば」

considering ~ 「~のわりには」

supposing ~ 「~と仮定すれば」

strictly speaking 「厳密に言えば」

frankly speaking 「率直に言えば」

judging from ~ 「~から判断すれば」

generally speaking 「一般的に言えば」

これらは熟語のように暗記してしまいましょう。


慣用表現を用いた文の作り方

使い方は文の前において副詞的な役割をし、
文に意味を付け加えます。

以下に慣用表現を用いた例文を作りましたので、
参考にして下さい。

Talking of fruits, I like apples.
「果物と言えば、私はりんごが好きです。」

Generally speaking, we hope peace.
「一般的に言うと、私達は平和を望んでいる。」

Judging from his face, he seems to be Korean.
「彼の顔から判断すると、彼は韓国人のようだ。」

分詞構文の慣用表現は主節と従属節の
主語が異なる独立分詞構文とも考えられますが、
熟語のように覚えてしまったほうが簡単です。

関係代名詞の種類へ

分詞構文の慣用表現の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)Strictly speaking, he isn't an English teacher.

(2)Considering his age, he looks young.
  ※age「年齢」

(3)According to his comment, she tells the truth.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

分詞構文の慣用表現の問題の解答

(1)「厳密に言えば、彼は英語の先生ではない。」

(2)「年のわりには、彼は若く見える。」

(3)「彼のコメントによると、彼女は本当のことを言っている。」

英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ