by以外を用いる受動態

atやinなどby以外の前置詞を用いる
受動態について解説します。

まずは、byを用いる受動態を復習します。


byを用いる受動態

受動態の形は「be動詞 + 過去分詞」、
意味は「~される」です。

そして、受動態の文で動作主は、
通常以下のようにby「~によって」
の後ろに置いて表します。

The box was opened by Ken.
「その箱は、ケンによって開けられました。」

この文では、動作を受けているのはThe box「その箱」、
動作を行っている動作主はKen「ケン」です。

しかし、know「知っている」やcover「覆っている」など、
一部の動詞の受動態では動作主を表す時にby以外を用います。


by以外を用いる受動態

実際に、knowを用いた以下の文を
受動態に書き換えてみましょう。

Everyone knows her.
「みんなが、彼女のことを知っています。」

この能動態の文を受動態の文に書き換えると、
以下のようになります。

She is known to everyone.
「彼女は、みんなに知られています。」

動作主は同じくeveryone「みんな」なので、
普通に考えると受動態の文ではby everyone
「みんなに(よって)」という形になりそうです。

ところが、be knownという受動態の後ろでは
by everyoneではなく、to everyoneというように
toを用いて動作主を表します。

もう1つ、coverを用いた以下の文を
受動態の文に書き換えてみましょう。

Snow covered the ground.
「雪が、地面を覆っていた。」

この能動態の文を受動態に書き換えると、
以下のようになります。

The ground was covered with snow.
「地面は、雪で覆われていた。」

この文でも「雪で(雪によって)」を表す時に、
by snowではなくbe coveredの後ろなのでwith snow
というようにwithを用いて動作主を表します。

一応、理屈を解説しましたが、
be known toで「~に知られている」や
be covered withで「~で覆われている」と
熟語のように暗記してしまいしましょう。

その他by以外を用いる受動態には、
以下のようなものがあります。

1.be filled with
「~で満たされている」「~でいっぱいです」

The glass is filled with water.
「そのグラスは、水で満たされています。」

2.be caught in「(雨などに)降られる」

I was caught in shower yesterday.
「私は、昨日にわか雨に降られました。」

3.be saprised at「~に驚いている」

He is saprised at the new.
「彼は、そのニュースに驚いています。」

be made foとbe made fromの違いへ

by以外を用いる受動態の練習問題

問題.以下の能動態の文を受動態に書き換えなさい。

(1)Many people know the singer.

(2)A cloth covered the box.
  ※cloth「布」

(3)Cookies filled the box.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

by以外を用いる受動態の問題の解答

(1)The singer is known to many people.
  「その歌手は、多くの人に知られています。」

(2)The box was covered with a cloth.
  「その箱は、(1枚の)布で覆われていた。」

(3)The box was filled with cookies.
  「その箱は、クッキーでいっぱいでした。」

英文法解説[受動態]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ