第2文型を作る動詞

第2文型をとる動詞について
例文を用いて解説します。

第2文型は主語、動詞、補語
からなる文(記号でSVC)で、
補語は主語を説明しています。

つまり、「主語=補語(S=C)」
の関係が成り立っています。

第2文型はS=Cという制限があるので、
第2文型を作る動詞は多くありません。

まず、第2文型を作る代表的な動詞はbe動詞です。

第2文型を作るbe動詞については、
以下のページで詳しく解説しています。

英語の第2文型[SVC]

そして、以下にbe動詞以外の
第2文型を作る動詞について、
例文を用いながら解説していきます。


第2文型を作る動詞と例文

1.become「~になる」

She became a singer.
「彼女は、歌手になった。」

主語:She、動詞:became、補語:a singer

She=a singer「彼女=歌手」
の関係が成り立っています。

2.look「~のように見える」

She looks sad.
「彼女は、悲しそうに見える。」

主語:She、動詞:looks、補語:sad

She=sad「彼女=悲しい」の関係が成り立っています。

lookだけだと「~を見る」という意味ではなく、
「~のように見える」という意味になります。

ちなみに、「~を見る」はlook at ~ です。

3.feel「~に[と]感じる」

She felt happy.「彼女は、幸せに感じた。」

主語:She、動詞:felt、補語:happy

She=happy「彼女=幸せ」の関係が成り立っています。

4.sound「~(のよう)に聞こえる」

The song sounds good.
「その歌は、よさそうに聞こえる。」

主語:The song、動詞:sounds、補語:good

The song=good「その歌=よい」
の関係が成り立っています。

5.taste 「~の味がする」

This curry tastes good.
「このカレーは、美味しい。」

主語:This curry、動詞:tastes、補語:good

This curry=good「このカレー=美味しい」
の関係が成り立っています。

また、この文は直訳すると
「このカレーは、美味しい味がする」となりますが、
不自然なので「このカレーは、美味しい。」とします。

6.get「~になる」

She got happy.
「彼女は、幸せになった。」

主語:She、動詞:got、補語:happy

She=happy「彼女=幸せ」の関係が成り立っています。

getの後ろに補語がくる場合には
形容詞が置かれることが多いです。

以下のように、becomeも
「~になる」という意味ですが、
becomeの後ろに補語がくる場合には
名詞が置かれることが多いです。

She became a teacher.
「彼女は、先生になった。」

第2文型をとる動詞は多くないので、
覚えてしまいましょう。

英語の第3文型[SVO]へ

第2文型をとる動詞の練習問題

問題.以下の第2文型の文の
   主語、動詞、補語を示しなさい。

(1)You look angry.
  ※angry「怒っている」

(2)He became a famous soccer player.

(3)She feels a little sick.
  ※a little「少し」、sick「病気の」

※補語は2語以上になることもあります。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

第2文型をとる動詞の練習問題

(1)主語:You、動詞:look、補語:angry
   意味:「あなたは、怒っているように見えます。」

(2)主語:He、動詞:became、補語:a famous soccer player
   意味:「彼は、有名なサッカー選手になった。」

(3)主語:She、動詞feels、補語:a little sick
   意味:「彼女は、少し病気のように感じている。」

(1)はYou=angry、(2)はHe=a famous soccer player、
(3)はShe=a little sickという関係が成り立っています。

英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ