目的語と副詞の違い

第3文型で用いられる目的語と
第1文型で用いられる副詞の違い
について例文を用いて解説します。


第3文型の目的語

まず、以下の例文をみてみましょう。

I know the boy.
「私は、その少年を知っている。」

この文は、主語がI、動詞がknow、
目的語がthe boyの第3文型です。

目的語は動詞の後ろに置かれ、
動作(動詞)の目的を表すもので、
日本語に訳した時に「何を」や
「誰に」にあたるものです。

上の例文でthe boyは、
動詞のknow「知っている」に対して
「誰を」知っているのかと
動詞の目的を表しているので、
the boyはknowの目的語となります。


第1文型の副詞

次に、以下の例文をみてみましょう。

I go there.「私は、そこへ行きます。」

この文は、主語がI、動詞がgo
の第1文型です。

そして、there「そこへ」は
goの目的語ではなく「どこへ」→「行く」
というように行く場所を説明しており、
動詞goを修飾している副詞となります。


目的語と副詞の見分け方

like「好む」という動詞には
「何(誰)を」好きなのか、
play「する」という動詞には「何を」するのか、
have「持っている」という動詞には「何を」
持っているのかを表す目的語が必要ですが、
go「行く」という動詞は「何を」や「誰に」
を表す目的語を後ろに置く必要はありません。

thereの部分をto Londonと
句に置き換えても同じです。

句とは2語以上の単語がセットで、
1つの意味を持っているものです。

I go to London.「私は、ロンドンへ行きます。」

この文のto Londonの部分も「どこへ」)」
→「行く」かと行く場所を説明しており、
動詞goを修飾しています。

to Londonの部分は、
副詞の役割をしている句なので
副詞句と呼ばれます。

goは後ろに直接目的語を
とらない動詞で自動詞と呼ばれ、
目的語(名詞)を後ろに置く場合は、
前置詞を伴います。

上の例文のLondonは、
goの目的語ではありませんが
前置詞toの目的語です。

逆に、knowやlikeなど後ろに目的語
をとる動詞は他動詞と呼ばれます。

目的語と副詞の違いは慣れるまで
少し難しいと思うかもしれませんが、
この解説が少しでも理解に役立てばと思います。

目的語になる不定詞・動名詞・名詞節へ

目的語と副詞の違いの練習問題

問題.以下の文の主語、動詞、目的語、
   修飾語を示しなさい。

(1)I live in Japan.

(2)I bought a new house.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

目的語と副詞の違いの問題の解答

(1)主語:I、動詞:live、修飾語:in Japan
   意味:「私は、日本に住んでいます。」(SVMの第1文型)

(2)主語:I、動詞:bought、目的語:a new house
   意味:「私は、新しい家を買いました。」(SVOの第3文型)

英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ