第4文型とは?

第4文型や間接目的語と直接目的語
について例文を用いて解説します。

まず、第4文型に関係のある記号を
確認しておきましょう。

S:Subject(主語)
V:Verb(動詞)
O1:Object(間接目的語)
O2:Object(直接目的語)


第4文型の形と例文

第4文型は以下のように主語、動詞
の後ろに目的語が2つ置かれる文で、
記号を用いるとSVOOとなります。

I gave her a present.
「私は、彼女にプレゼントをあげました。」

主語は動作を行う人や物、
動詞は主語が行う動作を説明するものです。

よって、この文のIは主語、gaveは動詞です。

目的語とは動詞の後ろに置かれ、
動作(動詞)の目的を表します。

日本語だと「何(誰)を」や
「誰に」にあたるものです。

この文で、her「彼女に」は動詞gaveに対し、
「誰に」あげたのかを表す目的語です。

また、a present「プレゼントを」は
動詞gaveに対して「何を」あげたのかを表す
目的語になっています。

上の文ではherとa presentという
2つの目的語が存在することになります。

そして、このように動詞の後ろに
「誰に」と「何を」という2つの目的語
が置かれている文は第4文型となります。


間接目的語と直接目的語

第4文型の2つの目的語は、
間接目的語と直接目的語に分けられます。

第4文型の目的語のうち、
動詞のすぐ後ろで「誰に」を表す目的語は
間接目的語と呼ばれ、記号でO1と表します。

これに対し、間接目的語の後ろに置かれ
「何を」にあたる目的語は直接目的語と呼ばれ
記号でO2と表します。

よって、第4文型の目的語を間接目的語と
直接目的語を区別して記号を用いて表すと
SVO1O2となります。

第4文型は動詞の後ろに
目的語が2つ置かれていなければならず、
制限があるので第4文型を作る動詞は
たくさんありません。

第4文型を作る動詞については、
次のページで例文を用いて解説します。

第4文型を作る動詞へ

第4文型[SVOO]の練習問題

問題.以下の第4文型の文を日本語に訳し、
   主語、動詞、間接目的語、直接目的語を示しなさい。

(1)He gave me his car.

(2)We gave him many CDs.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

第4文型[SVOO]の問題の解答

(1)主語:He、動詞:gave、
  間接目的語:me、直接目的語:his car
   意味:「彼は、私に車をくれました。」

(2)主語:We、動詞:gave、
  間接目的語:him、直接目的語:many CDs
   意味:「私達は、彼にたくさんのCDをあげた。」

英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ