第5文型とは?

第5文型や目的語と目的格補語
について例文を用いて解説します。

まず、第5文型に関係のある記号を
確認しておきましょう。

S:Subject(主語)
V:Verb(動詞)
O:Object(目的語)
C:Complement(補語)


第5文型の形と例文

第5文型は以下のように主語、
動詞の後ろに目的語とその目的語を
説明している補語が置かれている文で、
記号を用いるとSVOCです。

I call him Bob.
「私は、彼をボブと呼んでいます。」

この文で、Iは主語、callは動詞、
himは動詞callの目的語、Bobは
目的語himを説明している補語です。

補語とは、主語や目的語を説明している
言葉(名詞や形容詞など)です。

この第5文型の文中のBobは
目的語のhimが誰なのかを説明しており、
目的語を説明している補語なので
目的格補語と呼ばれます。

これに対し第2文型SVCの補語(C)は、
主語を説明している補語なので主格補語
と呼ばれます。


目的語と目的格補語の関係

第5文型の特徴は動詞の後ろに
目的語とその目的語を説明している
補語が置かれています。

先ほどの例文(I call him Bob.)でも、
callという動詞の後ろに「~を」という
目的語のhimとそのhimを説明している
補語のBobが置かれています。

また、Bobはhimを説明しているので、
第5文型のOとCにはC=O(この場合him=Bob)
の関係が成り立つと考えることができます。


第5文型をとる動詞

第5文型は動詞の後ろに目的語と補語が置かれ、
目的語=補語の関係が成り立たなければならないので、
第5文型を作る動詞は多くありません。

第5文型を作る動詞で
call以外によく使われる動詞には、
以下のようなものがあります。

name O C 「OをCと名づける」
make O C 「OをCにさせる」「OをC(の状態)にする」
keep O C 「OをC(の状態)に保つ」
think O C 「Oを(が)Cだと思う」
find O C 「OがCだと気づく(分かる)」
elect O C 「OをCに選ぶ」

第5文型と第4文型を作る動詞へ

第5文型[SVOC]の練習問題

問題.以下の第5文型の文の主語、動詞、
   目的語、目的格補語を示しなさい。

(1)His parents named him Ken.

(2)She keeps her room clean.

(3)I think him kind.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

第5文型[SVOC]の問題の解答

(1)主語:His parents、動詞:named、目的語:him、補語:Ken
   意味:「彼の両親は、彼をケンとなづけた。」

(2)主語:She、動詞:keeps、目的語:her room、補語:clean
   意味:「彼女は、部屋をきれいにしています。」

(3)主語:I、動詞:think、目的語:him、補語:kind
   意味:「私は、彼が親切だと思います。」

(1)はhim=Ken、(2)はher room=clean、
(3)はhim=kindの関係が成り立っています。

英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ