第5文型の補語になる現在分詞と過去分詞

第5文型の補語になる現在分詞と過去分詞
について例文を用いて解説します。


第5文型の補語

第5文型は、以下のように主語、
動詞の後ろに目的語と目的語を説明している
補語が置かれている文です。

We named our son Tom.
「私達は、息子をトムと名づけた。」

この文で、はWeは主語、namedは動詞、
our sonは目的語、Tomは目的語our son
を説明している補語です。

第5文型では目的語=補語の関係が成立し、
上の例文でも「our son=Tom」の関係です。

補語になるものには名詞や形容詞の他に
原形不定詞、現在分詞、過去分詞などがあります。

ここでは、現在分詞と過去分詞が
補語になる場合について解説します。


目的格補語になる現在分詞

まず、以下の例文をみてみましょう。

I heard him singing a song.
「私は、彼が歌を歌っているのを聞いた。」

この文でIは主語、heardは動詞、
himは動詞heardの目的語、singing a songは
目的語himを説明している補語です。

この文中では「him=singing a song
(彼=歌を歌っている)」の関係が成ち、
singing a songはhimを説明している補語です。


目的格補語になる過去分詞

次に、以下の例文をみてみましょう。

I heard him called by his mother.
「私は、彼が母親に呼ばれるのを聞いた。」

この文でIは主語、heardは動詞、
himは動詞heardの目的語、
called by his motherは目的語her
を説明している補語です。

この文中では「him=called by his mother
(彼=母親に呼ばれる)」の関係が成り立ち、
called by his motherはhimを説明している補語です。

このように、現在分詞(この場合singing)と
過去分詞(この場合called)も補語になります。

補語として用いられる分詞も
see, hear, feelなどの知覚動詞や
have, make, letなどの使役動詞の
後ろで用いられます。

現在分詞と過去分詞が第5文型
の補語になる場合については、
以下のページで詳しく解説しています。

知覚動詞の目的格補語になる分詞

使役動詞の目的格補語になる分詞

be動詞の現在形へ

第5文型の補語になる分詞の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳し、
   主語、動詞、目的語、補語を示しなさい。

(1)I saw him playing tennis.

(2)I saw him hit by his friend.
  ※hitはhit「殴る」の過去分詞

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

第5文型の補語になる分詞の問題の解答

(1)主語:I、動詞:saw、目的語:him、補語:playing tennis
   意味:「私は、彼がテニスをしているのを見た。」

(2)主語:I、動詞:saw、目的語:him、補語:hit by his friend
   意味:「私は、彼が友達に殴られるのを見た。」

(1)は「him=playing tennis(彼=テニスをしている)」、
(2)は「him=hit by his friend(彼=友達に殴られる)」
という関係が成り立っています。

英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ