前置詞+関係代名詞=関係副詞

前置詞+関係代名詞と関係副詞の書き換えと
前置詞+名詞を関係副詞に書き換える方法を
例文を用いて解説します。


前置詞+関係代名詞=関係副詞の理由

なぜ前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞が成り立つのか、
以下の2つの文を繋ぎながら解説していきます。

That is the house.
「あれは、(その)家です。」

He lives there.
「彼は、そこに住んでいます。」

この2つの文で、1つ目の文のthe houseと
2つ目の文のthereが同じ場所を表しています。

そして、これら2つのうち
副詞のthereを関係副詞whereに置き換え、
2つの文を繋ぐと以下のようになります。

That is the house where he lives.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

次に、以下の2つの文を繋いでみましょう。

That is the house.
「あれは、(その)家です。」

He lives in it.
「彼は、そこに住んでいます。」

この2つの文では、
1つ目の文のthe houseと2つ目の文のitが
同じものを表しています。

この2つは両方とも名詞なので、
片方を関係代名詞に置き換えます。

2つの文を繋いだ日本語は
「あれは、彼が住んでいる家です。」となり、
修飾されているのはthe houseなので
もう一方のitを関係代名詞whichに置き換えます。

そして、2つの文を繋ぐと以下のようになります。

That is the house which he lives in.
「あれは、彼が住んでいる家です。」


前置詞+関係代名詞=関係副詞の書き換え

また、この文は前置詞+関係代名詞を用いて
以下のように2つの文を繋ぐことができます。

That is the house in which he lives.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

ここで、この文を最初の関係副詞を用いた文、
That is the house where he lives.と照らし合わせると
「in which = where」であることが分かります。

よって、前置詞+関係代名詞=関係副詞である
ということが分かります。

前置詞+名詞は文中で副詞の役割をすることがあり、
その場合には「前置詞+名詞」の部分を関係副詞に
置き換えることができます。


前置詞+名詞を関係副詞に書き換える方法

ここからは、前置詞+名詞を関係副詞に
置き換える方法について解説します。

以下の2つの文を繋ぎながら解説していきます。

I remember the day.
「私は、その日のことを覚えています。」

I met him for the first time on the day.
「私は、その日彼に初めて会った。」

2つの文を繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じものを見つける。

1つ目の文のthe dayと2つ目の文のthe dayが、
同じ時を表しています。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

2つの文を繋いだ日本語は、
「私は、初めて彼に会った日のことを覚えています。」
となるので1つ目の文のthe dayが先行詞となります。

よって、2つ目の文のthe dayを人以外で
目的格の時に用いる関係代名詞whichに置き換え、
2つ目の文は以下のようになります。

I met him for the first time on which.

3.先行詞の後ろに関係代名詞が
 くるように残りの文を置く。

先行詞である1つ目の文のthe day
の後ろに関係代名詞whichがくるように、
which I met him for the first time onと
書き換えて繋げます。

よって、関係代名詞により2つの文を繋ぐと
以下のようになります。

I remember the day which I met him for the first time on.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

手順2で関係代名詞の前に前置詞がある場合は
前置詞+関係代名詞の形で文を繋ぐことができるので、
上の文は以下のように書くこともできます。

I remember the day on which I met him for the first time.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

手順1で同じものを選ぶ時に、
2つ目の文でthe dayではなくon the dayを選ぶと
on the dayの部分は「その日に」→「会った」と
動詞を修飾しており、副詞の役割をしています。

そして、前置詞 + 関係代名詞は
関係副詞に置き換えることができるので、
以下のようにon whichを関係副詞whenに
書き換えることができます。

I remember the day when I met him for the first time.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

1語で場所や時を表す言葉は、
there「そこで(に)」とthen「その時(に)」
くらいしかありません。

よって、副詞1語を関係副詞に置き換えるよりも、
前置詞+名詞を関係副詞に置き換えるほうが多いです。

前置詞+関係代名詞について復習が必要な場合、
以下のページをお読み下さい。

前置詞+関係代名詞

関係副詞whyへ

前置詞+関係代名詞=関係副詞の練習問題

問題1.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。
  (1)関係代名詞、(2)は関係副詞を用いなさい。

(1)I visited the store.
  My friend works at the store.

(2)I visited the store.
  My friend works at the store.

問題2.以下の2つの文を関係副詞を用いて繋ぎ、
  日本語に訳しなさい。

(3)The house is on the hill.
  My uncle lives in the house.

(4)I remember the day.
  My friend came to this city on the day.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

前置詞+関係代名詞=関係副詞の問題の解答

(1)I visited the store which my friend works at.
 またはI visited the store at which my friend works.
  「私は、友達が働いているお店を訪れました。」

(2)I visited the store where my friend works.
  「私は、友達が働いているお店を訪れました。」

(1)と(2)共に、日本語訳は同じです。

(3)The house (where) my uncle lives is on the hill.
  「私の叔父が住んでいる家は、丘の上にあります。」

(3)I remenber the day (when) my friend came to this city.
  「私は、友達がこの街に来た日のことを覚えています。」

(3)は2つ目の文のin the houseをwhereに、
(4)は2つ目の文のon the dayをwhenに置き換えます。

※関係副詞のwhereやwhenは省略されることが多いです。

英文法解説[関係副詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ