英語の命令文

主語がない英語の命令文と、
禁止の意味を持つ否定の命令文の
作り方と訳し方について解説します。


命令文の作り方・訳し方

命令文は誰かに何かを命令する時に用い、
文の作り方は動詞の原形で始まり意味は
「~しなさい」となります。

以下の文は、通常の文です。

You speak English here.
「あなたは、ここで英語を話します。」

この文は、あなたが「英語を話す」
という現在の事実を表しています。

この文で主語のYouを取ると、
以下のように命令文になります。

Speak English here.
「ここでは、英語を話しなさい。」

be動詞の場合も同じく主語はなく、
be動詞の原形beで始まります。

Be careful.「注意しなさい。」

命令は「あなた」や「あなた達」にするので、
動作を行う人(主語)は必ずYouになり言ったり
書いたりしなくても分かります。

よって、明らかに分かる主語Youは省略され、
命令文は動詞の原形から始まります。

ほとんどの方が命令文は動詞の原形で
始まると覚えてしまっていると思いますが、
命令文に主語がないのはこのような理由が
考えられます。


否定の命令文の作り方・訳し方

命令文の否定(禁止の命令文)は
一般動詞でもbe動詞でも動詞の前にDon'tを置き、
意味は「~するな」「~してはいけない」となります。

Don't run in this room.
「この部屋の中では走ってはいけない。」

Don't be noisy. 「騒がしくしてはいけない。」

命令文の否定(禁止の命令文)は、
以下のように助動詞mustの否定must not
(省略形はmustn't)と同じような意味になります。

You musntn't run in this room.
「(あなたは、)この部屋の中では走ってはいけない。」

You mustn't be noisy.
「(あなたは、)騒がしくしてはいけない。」

否定の命令文を作る時に
Don'tの代わりにNeverを置くと、
「絶対に~してはいけない」のように
禁止の意味が強調されます。

Never run in this room.
「絶対にこの部屋の中で走ってはいけない。」

Never be noisy.
「絶対に騒がしくしてはいけない。」

依頼や勧誘の命令文へ

命令文の作り方の練習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「毎日英語を勉強しなさい。」

(2)「正直になりなさい。」 ※honest「正直な」

(3)「その箱を開けてはいけない。」

(4)「絶対にその箱を開けてはいけない。」

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

命令文の作り方の問題の解答

(1)Study English everyday.

(2)Be honest.

(3)Don't open the box.

(4)Never open the box.

英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ