I wish+仮定法過去

I wish+仮定法過去について解説します。

まず、よく用いられるIf+仮定法過去の
形と意味から復習します。


If+仮定法過去の復習

仮定法過去は、以下の例文のように
現在の事実の逆や願望を表します。

If I had a car, I could drive you to the station.
「もし私が車を持っていれば、あなたを駅まで車で送って行けるのに。」

この文では「車を持っていないので、
あなたを駅まで車で送れない。」という
現在の事実の逆を表しているので過去形を用います。

このように条件付きで
仮定を表す時にはif節を付けますが、
単純に「~ならいいのに」という
仮定を表すこともあります。

そのような場合に、
「I wish + 仮定法過去」を用います。


I wish+仮定法過去の形と意味

以下の現在の事実があります。

I'm sorry (that) I don't have a car.
「残念ながら、私は車を持っていません。」

I'm sorryは、この場合「すみません」ではなく
「残念ながら~」や「~を残念に思う」という
意味になります。

この事実の逆は、日本語だと以下のようになります。

「(私が、)車を持っていればいいのに。」

これを英語に書き換えると、以下のようになります。

I wish I had a car.

現在の事実の逆なので、
I wishの後ろのhaveは過去形になります。


be動詞の過去形はwereを用いる

以下のように、「I wish + 仮定法過去」でも
be動詞の過去形はwereを用います。

I wish I were rich.
「(私が、)お金持ちならいいのに。」

以下のように口語ではwasを用います。

I wish I was rich.

しかし、最近はほとんどの場合で
wereが用いられるようです。

この文の事実は以下の通りです。

I'm sorry (that) I'm not rich.
「残念ながら、私はお金持ちではありません。」

I wish+仮定法過去完了へ

I wish+仮定法過去の練習問題

問題.以下の文を「I wish+仮定法過去」
   の文に書き換えなさい。

(1)I'm sorry I'm a princess.

(2)I'm sorry I can't speak English.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

I wish+仮定法過去の問題の解答

(1)I wish I were not a princess.
  「(私が、)お姫様でなければいいのに。」

(2)I wish I could speak English.
  「(私が、)英語を話せればいいのに。」

英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ