疑問詞を用いた未来完了形の疑問文

疑問詞How long「どの位の間」と
How many times「何回」を用いた
未来完了形の疑問文について解説します。

How long「どの位の間」は継続、
How many times「何回」は経験の
疑問文で用います。

これらはWhat「何」などと同じ疑問詞なので、
疑問文の前に付けて使います。


How long+未来完了形の疑問文

まず、How long「どの位の間」を
未来完了形の継続の疑問文に付けると
以下のようになります。

How long will you have lived in Japan till next year?
「あなは、来年で日本にどの位(の間)住んでいますか。」

How longをつけた
未来完了形の継続の疑問文は、
未来のある時点までの何らかの状態の
継続期間を尋ねる時に用います。

答え方はforを用いて継続期間を表し、
以下のようになります。

I will have lived in Japan for two years till next year.
「私は、来年で2年間日本に住んでいることになる。」

会話では、以下のように
継続期間のみ答える場合もあります。

For two years.「2年間です。」


How many times+未来完了形の疑問文

次に、How many times「何回」を
未来完了形の経験の疑問文に付けると
以下のようになります。

How many times will you have visited England if you visit there again?
「もしもう1度イングランドを訪れたら、あなたは何回訪れることになりますか。」

How many timesをつけた
未来完了形の経験の疑問文は、
未来のある時点までに何か動作を
経験した回数を尋ねる時に用います。

答え方は、未来完了形の文の最後に
経験した回数を付けます。

I will have visited England twice if I visit there again.
「もしもう1度イングランドを訪れると、私は2回訪れることになります。」

会話では、以下のように経験回数のみ
答える場合もあります。

Twice.「2回です。」

未来完了進行形へ

疑問詞+未来完了形の疑問文の練習問題

問題.以下の文を()内の語を用い疑問文に変えなさい。

(1)The house will have stood there till next year.
  (How long)
  ※stoodはstand「立っている」の過去分詞、
   till「~まで」

(2)Ken will have been to Kyoto if he goes there.
  (How many times)

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

疑問詞+未来完了形の疑問文の問題の解答

(1)How long will the house have stood there till next year?
  「その家は、来年でどの位(の間)そこに立っていますか。」

(2)How many times will have been to Kyoto if he gose there again.
  「もしもう1度京都に行ったら、ケンは何回京都に行くことになりますか。」

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ