willとbe going toの違い

willとbe going toの違いと使い分け方
について例文を用いて解説します。


willとbe going toの使い分け方

まず、主語の意思を表す「~するつもり」
という意思未来の違いから解説します。

willはその場で決めた意思、
be going toは事前に決めていた意思
を表します。

例えばパーティーに誘われた時、
その場でパーティーに行くことを決めた場合は
以下のようにwillを用います。

I will join the party.
「私は、(その)パーティーに参加します。」

これに対し、パーティーへの参加を
事前に決めていた場合はbe going toを用いて
以下のようになります。

I am going to join the party.
「私は、(その)パーティーに参加するつもりです。」

もう一つの違いは、未来の予測を表す
「~でしょう」というwillの単純未来、
be going toの近接未来「~しそうだ」です。

まず、「今夜、雨が降るでしょう。」と、
天気予報などを観て単に予測するような時は
単純未来になります。

It will rain tonight.
「今夜、雨が降るでしょう。」

これに対し、話し手の主観や確信が入ると
be going toを用います。

例えば、空を見て凄く曇っていて話し手の
主観で「今夜、雨が降りそうだ」と言う場合は
be going toを用いて以下のようになります。

It is going to rain tonight.
「今夜、雨が降りそうです。」

不変の真理や諺は現在形へ

willとbe going toの練習問題

問題.()内の正しい語を選びなさい。

(1)A:Have you heard about Ken's birthday party yet?
   B:Yes, I received a letter of invitation last Sunday.
     I(will, am going to)attend the party. How about you?
   ※a letter of invitation「招待状」

(2)A:Have you decided to join the party on Sunday yet?
   B:No, I haven't.
   A:I'm going to join it. Why don't you come with me?
   B:Ok. I (will, am going to) join it.
   ※Why don't you ~ ? 「~しませんか」

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

willとbe going toの問題の解答

(1)I am going to attend the party.
  「私は、パーティーに出席するつもりです。」

Bさんは招待状を受け取っていて既に
パーティーに参加することを決めているので、
事前に決めている意思を表すam going toを用います。

(2)I will join it.「私は、パーティーに参加します。」

Bさんは最初No, I haven't.
「まだ決めていません。」と答えており、
Aさんが参加することを聞いた後参加を決めたので、
その場で決めた意思を表すwillを用います。

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ