過去形と過去完了形の違い

過去完了形と過去形の違いについて
例文を用いて解説します。


過去形と過去完了形[継続]の違い

まず、以下の過去形の文と過去完了形
の継続の文の違いを考えてみましょう。

I lived in Japan before I went to America.
「私は、アメリカに行く前に日本に住んでいました。」

I had lived in Japan for two years before I went to America.
「私は、アメリカに行く前2年間日本に住んでいました。」

上の過去形の文は日本に住んでいたという
「過去のある時点」での状態を表しているだけで
点のようなイメージになります。

※しかし、住んでいたという場合には前後半年間など、
 時に幅のある大きな点のイメージになります。

これに対し過去完了形の継続の文は
「過去のある時からある時まで」何らかの状態が
継続していたことを表し、線のイメージになります。

下の過去完了形の文は、
アメリカに行く2年前からアメリカに行った時までの
2年間住むという状態が継続していたことを表しています。

過去形は過去の時点の動作や状態を表す点のイメージ、
過去完了形は過去のある時と過去のある時が繋がっている
線のイメージになります。


過去形と過去完了形[経験]の違い

次に、以下の過去形の文と過去完了形の
経験の文の違いを考えてみましょう。

I visited America before I was 20 years old.
「私は、20歳になる前にアメリカを訪れた。」

I had visited America twice before I was 20 years old.
「私は、20歳になるまでに2回アメリカを訪れたことがあった。」

まず、上の過去形の文は何回
行ったという経験は表しておらず、
ただ20歳になる前の過去のある時点で
アメリカを訪れたということだけを表しています。

これに対し過去完了形の経験の文は、
生まれた時から20歳になった時という
過去のある時点までの間で2回アメリカを
訪れたという経験を表しています。


過去形と過去完了形[完了]の違い

最後に、過去形の文と過去完了形の
完了の文の違いを考えてみましょう。

I finished the work when my friend got to my house.
「私の友達が家に着いた時、私は宿題を終えた。」

I had already finished the work when my friend got to my house.
「私の友達が家に着いた時、私はすでに宿題を終えていました。」

まず、過去形の文は「友達が着いた」という時点と
「宿題を終えた」という時点に時の幅がないので、
この2つの出来事が同時に起こったような意味になります。

つまり、友達がこんにちわと
挨拶して玄関から入ってきたまさに時、
宿題が終わったということになります。

これに対し過去完了形の完了の文は、
「過去のある時点と過去のある時点」が
(線で)繋がっているイメージになります。

よって、過去完了形の文は、
私が「宿題を終えた」後しばらくして
「友達が着いた」という意味を表しています。

「宿題を終えた」時点と
「彼が着いた」時点に時間差があり、
その2つの過去に結びつきがある
(線で繋がっている)ことを表しています。

過去形は過去のある時点
(1点)での動作や状態を表すのに対し、
過去完了形は過去のある時点とある時点が
「線」で繋がっているような意味を持ちます。

完了形は「線」、基本時制(現在形や過去形)
は「点」のイメージです。

日本語を話す時は、これらを区別せずに
自然に使い分けているので英語でいざ考えるとなると
混乱しやすい部分なので注意しましょう。

過去完了進行形へ

過去形と過去完了形の違いの練習問題

問題.以下の過去形と過去完了形の文を日本語に訳しなさい。

(1)Ken arrived at Kyoto yesterday.

(2)Ken had been to Kyoto twice before he lived there.

(3)Ken had been to Kyoto when I arrived at his house.

※ただ日本語に訳すだけでなく、
 状況を考えながら訳してみましょう。

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

過去形と過去完了形の違いの問題の解答

(1)「ケンは、昨日に京都に到着した。」

昨日京都に到着したという
過去のことだけを表しており、
今帰ってきているかまだ京都にいるかは
分かりません(過去形)。

(2)「ケンは、そこに住む前に2回京都に行ったことがありました。」

生まれた時から京都に住んだ
という過去のある時点までを
線で繋ぎ、その間の経験を表します
(過去完了形の経験)。

(3)「私が彼の家に着いた時、ケンは京都に行って来たところでした。」

彼が帰ってきた時
と私が到着した時が「線」で繋がっており、
その間彼は家にいたことを表しています
(過去完了形の完了)。

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ