現在完了形[継続]

現在完了形の継続について
例文を用いて解説します。

現在完了形は現在形などの
基本時制や進行形と考え方が全く異なり、
日本人が苦手とする英文法です。

しかし、英語では大切な文法なので
じっくり解説していきます。


現在完了形の形と意味

まず、現在完了形の形は、
「have(has)+過去分詞(動詞の過去分詞形)」です。

現在完了形の意味は、以下の3つがあります

(1)継続「(ずっと)~し続けている」
(2)経験「(今までに)~したことがある」
(3)完了、結果「~し終えたところです、~してしまった」


現在完了形[継続]の例文

現在完了形は1つの形で3つの意味を表しますが、
以下に現在完了形の継続の文について解説します。

では、実際に現在完了形の継続
の文を作ってみましょう。

例えば、I live in Japan.
「私は、日本に住んでいます。」という現在形の
文の動詞liveをhave livedという形に変えると、
以下のように現在完了形の文になります。

I have lived in Japan .

しかし、これだと「日本に住んでいたことがある。」
という経験か「ずっと日本に住んでいる。」という
継続の意味か分かりません。

そこで経験か継続の意味かをはっきりさせるために、
現在完了形の継続、経験、完了にはそれぞれ一緒に
使われるキーワードがあります。


継続のキーワードforとsince

継続を表すキーワードは、
継続の期間を表すforとsinceです。

forは「~間」という意味で
後ろに何年や何ヶ月など期間を付け、
for two years「2年間」というような形で
文の最後に付けます。

よって、先ほどの現在完了形の文が
継続を表す時にはfor two yearsを文の
最後に付けて以下のようになります。

I have lived in Japan for two years.
「私は、2年間日本に住んでいます。」

sinceは「~から」という意味で
後ろに過去のある時点を表す言葉を置き、
since 2010「2010年から」というような形で
以下のように文の最後に付けます。

I have lived in Japan since 2010.
「私は、2010年から日本に住んでいます。」

注意点としては、現在完了形では
ago「~前」を用いることができないので、
since two years ago「2年前から」という
言い方はできません。

forやsinceという継続期間を表す
キーワードが付いているので、
これらの文は経験ではなく継続の
意味を表していると分かります。


現在完了形[継続]の否定文

現在完了形の否定文は、
have(has)の後ろにnotを付けます。

よって、
He has lived in Japan since 2000.
という文を否定文に書き換えると、
以下のようになります。

He has not lived in Japan since 2000.
「彼は、2000年から日本に住んでいません。」

この現在完了形[継続]の否定文は、
去年他の国に引っ越して以来日本には住んでいない
というように現在までの継続の否定を表します。

上の否定文は、has notの省略形hasn'tを用い、
以下のように書いても同じ意味になります。

He hasn't lived in Japan since 2000.

現在完了形[継続]の否定文は
「(ずっと)~していない」という意味で、
ある状態の現在までの継続の否定を表します。


現在完了形[継続]の疑問文

現在完了形の疑問文は
have(has)を主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けれます。

よって、
He has lived in Japan since 2000.
という文を疑問文に書き換えると、
以下のようになります。

Has he lived in Japan since 2000?
「彼は、2000年から日本に住んでいますか。」

この現在完了形[継続]の疑問文は、
「日本に住んでいる」という状態が現在まで
継続しているかどうかを質問しています。

現在完了形の継続の疑問文の意味は、
「(ずっと)~し(続け)ていますか」となります。

答え方はYesまたはNoとhave(has)を用い、
以下のようになります。

Yes, he has.「はい、住んでいます。」

No, he hasn't.「いいえ、住んでいません。」


how longで継続期間を尋ねる

そして、継続の疑問文の場合、
How long「どの位の間」という疑問詞を用いて
「継続の期間」を尋ねる疑問文がよく用いられます。

以下のように疑問詞は文の先頭に置き、
その後ろに疑問文が続きます。

How long has he lived in Japan?
「彼は、どの位の間日本に住んでいますか。」

答え方はforやsinceで継続期間を表し、
以下のようになります。

For ten years.「10年間です。」

Since 2000.「2000年からです。」

現在完了形[経験]へ

現在完了形[継続]の練習問題

問題1.以下の現在完了形[継続]の文を日本語に訳しなさい。

(1)They have known her since 1995.

(2)She has had a pet for five years.
  ※hadはhave「持っている、飼っている」の過去分詞です。

(3)Ken has lived in Japan since he was ten years old.
  ※sinceの後ろには過去形の文が置かれることもあります。

問題2.以下の現在完了形[継続]の文を否定文に書き換えなさい。

(4)He has seen his father since he was a child.
  ※seenはsee「見る、会う」の過去分詞です。

問題3.以下の英文を()内の言葉を用い疑問文に書き換えなさい。

(5)He has known Ken since he was a child.(How long)

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

現在完了形[継続]の問題の解答

(1)「彼らは、1995年から彼女のことを知っています。」

(2)「彼女は、5年間ペットを飼っています。」

(3)「ケンは、10歳の時から日本に住んでいます。」

(4)He hasn't seen his father since he was a child.
  「彼は、子供の時から(ずっと)父親に会っていません。」

(5)How long has he known Ken?
  「彼は、どの位の間ケンのことを知っているのですか。」
  「彼は、どの位の間ケンと知り合いなのですか。」

※継続期間を尋ねるのでsince~を消し、
 How longを文頭に付けます。

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ